« 自分の「時の刻まれかた」 | トップページ | 私の「ノスタルジックな瞬間」 »

2009.05.31

愛車「レガシィS401」概要。

どんな車を所有するかは、男のアイデンティティを語る上で、
外せない要素だと思っているのは私だけだろうか。
車は自己表現手段のひとつではないかと私は勝手に思っている。

さて、現在の私の愛車は、レガシィS401

そのモデファイを、今後少しずつ紹介したい。

S401_prof1_4

まず、このレガシィS401の概要を簡単に振り返っておきたい。

LEGACYでは初の「Sシリーズ」として、2002年11月12日に発売。
ベースモデルは新世紀レガシィ(1998.6〜2003.5)のアプライドモデル
D型(2001.5年改)のRSK。
富士重工の製造ラインより STI(SUBARU TECNICA INTERNATIONAL)
に持ち込まれ、エンジン内部の研磨とバランス取り、ECUチューニング
および専用架装等が施された後に運輸局で登録されている。
S401r

限定400台として発売されたが、ベースモデルのRSKより170万ほど
高価なため、実際は290台程度の台数しか生産されなかった、
ある意味希少なワークスチューニングマシン。

ベースモデルのRSK(D型)と異なるポイントは多々あるが、
大きなポイントのひとつがフルバランスされた手組エンジン。
バランス取りされた部品を使っていても、手組されたエンジンは
実は「S」シリーズでも限られている。
S401_eg_2

購入当初、驚いたのはアイドリング状態ではエンジンがかかっていないか
と思うほど静かだったこと。うっかりと再びキーを回してしまうほどだ。
また、アクセルを吹かすと回転上昇がなめらかで、エンジンがよどみなく
吹け上がるのが右足を通じて伝わる。
実際に走らせてみると、プライマリとセカンダリタービンの連動が大変
スムーズになっているのに気付く。(*RSKC型との比較)

この上質な加速感は、まさにボクサーツインターボの完成形だといっても
よいだろう。


|

« 自分の「時の刻まれかた」 | トップページ | 私の「ノスタルジックな瞬間」 »

MODIFY LEGACY S401」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/413360/29873095

この記事へのトラックバック一覧です: 愛車「レガシィS401」概要。:

« 自分の「時の刻まれかた」 | トップページ | 私の「ノスタルジックな瞬間」 »