« 「思考の法則」を磨く | トップページ | 「奮い立たせてくれる音」2:レガシィS401レゾネーター除去 »

2009.06.04

「MacとMT車の関係!?」

家でも仕事でもMacintosh(Mac)を使っているが、
時々思うことがある。

Macの操作感覚は、マニュアルトランスミッション(MT)車
のそれとよく似ているということだ。
(ATのスポーツシフトによるMT操作も同じく)

 (MT車)          (Mac)
右手→ステアリング操作 = 右手→マウス操作
左手→シフトレバー操作 = 左手→[コマンド]操作

いわゆるMacのショートカットキーを使う操作感覚だ。

この左右の手をほぼ同時に使う操作により、マシンコントロール
するところが似ていると思う所以だ。

ちなみに、仕事で音声や画像の編集を行うときのMac操作は、
このショートカットキーを多様することで作業効率を上げている。
Pb_key_2
(PowerBookG4 US KeyBoard)

Macでのカット&ペーストの操作は次のようになる。

カットしたい内容を右手(マウス等)で選択するとほぼ同時に、
左手で[コマンド]+[X]を押して、カット。
そして、瞬時に右手はカーソルを目的の位置に移動し、
左手で[コマンド]+[V]を押して、ペースト。終了。

左手と右手の仕事をほぼ同時行うことによって、
効率的な操作を可能としている。

これに対してPCでの操作。(主に私の周囲の人々)
右手(マウス)の左ボタンドラッグにより選択。
右手、右クリックによるメニューからカット操作を選択。
右手でカーソルを目的の位置に移動。
右手、右クリックによるメニューからペーストを選択。

トータルで1秒その差がでるかどうかの違いだが、チリ山である。
もちろん、PCも[control]キーによって、Macと同様の操作が可能
となる場合があるが、私を含め周囲でそれ行う人は少ないようだ。

最近、脳科学に凝っているのだが(笑)、
左手による操作は、右脳の守備範囲。
そして、Macのキャッチコピーは、以下である。

Think Different.

Macも車も左手を巧く使いたいものだ。

|

« 「思考の法則」を磨く | トップページ | 「奮い立たせてくれる音」2:レガシィS401レゾネーター除去 »

Macintosh」カテゴリの記事

コメント

Windowsですが、マウスでコピペなんて、よっぽどのことが無いかぎりしないんじゃないかと。
キーボードが机の向こうにあって、こっちにはマウスしかないとか、何らかの理由でキーボードにアクセスしづらいときは別として。
# プレゼンの際、そうやっておくとどちらからでもページ送りが簡単になるのでそうすることがあります。
初心者ならともかく、ある程度慣れた人は、ほぼショートカットじゃないでしょうか。

ちょっと観察してましたが、ずっと営業畑の人もコピペはキーボードでしたね。
# もちろん、PCに詳しいとは言えない人です。

新人くんはマウスでしたが(笑)

しかし、それを強制させるという意味でのワンボタンマウスという発想はあったのかもしれません。
修得の容易さと敷居の高さのトレードオフになりますが、大した高さじゃないと思いますし。

なお、私はマウスは左なので、ポインタ移動とショートカットキーの連携という意味では不利です(笑)。
右利きなんですけどね。家ではタブレットが右にあるからいいですが、ノート用には持ちあるかないもんね。

投稿: jack | 2009.06.04 14:44

jacKさん

コメントありがとうございます。

PCのコピー&ペーストについてですが、逆に上司を含めウチの部署が、
ほぼ全員マウスオンリーによる操作だったということが判明したため、
記事で書いた次第です。

そこで、「なぜショートカットを使わないのか?」ということを、
周囲10数人に取材してみました。

主な意見>
理由1.ショートカットキー自体の存在を知らない。(年代層高め)

理由2.(ショートカットは知ってはいるが)
    ホームポジションからだと、[control]キーを小指で押したのを
    支点として、同時に他のキーを押すのがキツイ。

理由3.(ショートカット知ってる知らないにかかわらず)
    むしろ、右クリックのほうが便利である。
    →PCに体を正体させて仕事をすることが少ない。

以上のような意見からは、私も含め周囲がPCリテラシーに乏しいことが
がよくわかりますね(汗)

実は、私も2の意見なのですが、PCのショートカットキーは、
どの指で押すのがもっともやりやすいのでしょうか?
もしくは、親指に近い別のキーに変更できたりするのでしょうか?

#ちなみに、ボタンのないあのMacマウスでも、マウスを左右に傾けて押すことで、
 左右クリックが可能なんです。

投稿: 123_S401 | 2009.06.04 18:14

どうもー。
今朝携帯でこのブログみた時からちょっとだけコメントしたかったんですが先にjackさんに書かれてましたね(笑
基本的に、カット&ペーストとかセーブとか全選択とかの基本的なショートカットの操作性はWinでも全く一緒だと思います。
ご存知のようにウチはIT系でも何でもない普通の会社ですが、皆、フツーに左手バリバリ使いますよ。
右クリックでコピー、ペースト、なんてマンドクサイ事はまずしません。

理由1については、それぞれの職場の事情次第で、例えばウチだと年代層高くてもそんなマンドクサイ作業の仕方で満足してる人はいないので当てはまらないですね。
理由2は、「慣れ」だけです。慣れれば小指で全然フツーにやってますよ。
理由3は、素朴な疑問で、PCに正対しないでバリバリ仕事ができるのかが判らなかった(^_^;)
(勿論実際は業種次第で、バリバリタイプするんじゃなくアイデアを思いついたときだけチマっと打つとか、
 じぃ~っと画面を見てチマっと直す、みたいな仕事ならショートカット使わなくても困らないだろうなとは思います、
 でも、それだと本題の「マックならショートカットがやりやすい」のメリット自体もなくなりますねw)

ということで、Winでも皆さんフツーにMTちっくな操作をしてるので、この左手操作とMacを結びつけたのはちょっとこじ付けだったかなという印象ですた(^_^;) 事実はなるべく知っておいて欲しかったので。

昔はMacオンリーで仕事してた時代もあったので、Macを知らない訳でも嫌いな訳でもないですので念のため(^_^)

また、Macの楽しさを書いてくださいましm(__)m

投稿: しむー | 2009.06.05 00:01

しむーさん

コメント感謝です。
PCをメインで使う皆さんは、普通にショートカットを使うんですね。

PCではそっちのほうがスタンダードだとしら、とんだ世間知らずでしたね。

本題は、使いにくいとか、使いやすいということではなく、
それ以前に、どちらをスタンダードとして使っているのかという
ハナシです。

取材は事実に基づいていますので、うちの職場はどうなってんだか!?と思いました。

Macは、編集機として使っているだけで、ビジネスメール等はPC
(Lenovo)を使っているわけです。
が、社内ではこの状況なので、多くの方もそうなのかと思っていました。

PCでも、いわゆるMT的操作をしているということがよくわかりました。

投稿: 123_S401 | 2009.06.05 01:08

こんにちは!YURIです(*^-^)

日記というより、エッセイ??
いつも楽しく読ませてもらってます。

私は、ご存知のように仕事では全くパソコン使わない人で、
パソコンもWINしかもってないんですけど、完全右クリック派です。(*゚▽゚)ノ

理由は、ショートカットを覚えらんないのと(笑)、
私的には右だけでできるほうが、いろいろと便利だからです。

仕事でデスクワークされる人は、ショートカットがふつうなんですかね。
まぁ、私みたいにパソコンを仕事で使ってるじゃない人もいるんで、
どっちがスタンダードってこともないかと思ったりもします(*^-^)

投稿: YURI | 2009.06.05 02:30

YURIさん

コメントありがとうございます。
パソコンの使い方は人それぞれってことが、
よーくわかりました(笑)

先日の食事会楽しかったですね。
フルトヴェングラーのネタには、驚かされました。

投稿: 123_S401 | 2009.06.05 02:38

えーとですね。私はハードウェア的かソフトウェア的かを問わず、Capslockを Ctrlにしてしまってます。
本来のCtrlもCtrl。

Capslockなんて必要ないもんなぁ。すくなくともあんないい場所を占めるほどには。

なので小指です。

なお、PCでは、xkeymacsというソフトウェアを使っています。これを使うと、たとえばエディタ内ではほぼ、マウス不要になります。
ショートカットキーを30か40覚える必要がありますが。

投稿: jack | 2009.06.09 18:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/413360/29942387

この記事へのトラックバック一覧です: 「MacとMT車の関係!?」:

« 「思考の法則」を磨く | トップページ | 「奮い立たせてくれる音」2:レガシィS401レゾネーター除去 »