« レガシィS401と「田園」 | トップページ | 「生物学的にみる時間の長さ」 »

2009.06.26

「レガシィS401からの情報表示」

夏が近くなると、女性が紫外線を気にするのと同様に!?
吸気温度と、そして水温の上昇が気になるのが車好きの常だ。

レガシィS401のメーターパネル内の水温表示は、
通常のレガシィ同様、超ウルトラスーパースペシャルアバウトである。
メーターリングを赤にしたり、実際には回らない10000回転までメモリを
刻む余裕があるのならば、水温計の表示をなんとかして欲しかった。
なんとなくメモリはあるが、実際に何度か不明であるため、
大した判断はできない。

そこで、車からの詳細な情報を知りたくば、後付けメーター装着することとなる。
以前装着したのがDefiリンクメーターの水温、油温、油圧計だ。
しかし、前回書いたように、頼りにしていたDefiのメーターも
故障することもあるようだ。

そんなことを予想してか(いやしてないが)、Defiの3連メーターに加えて、
BLITZのR-VIT DSを使用してカーナビモニターに水温情報をはじめとする
車からの情報をリアルタイム表示している。

Rimg0033

以前は、旧型のR-VIT Ⅱを使っていたが、視認性を高めるためと、
スポーティな演出のために!?DSにすることにした。
DSというと、ゲーム機を連想したりもするが、これは
ECUがモニターしている、車の情報を横取り表示するデバイスである。

401meter
(以前装着していたR-VIT Ⅱ)

最近では10キロほど走った後のアイドリング状態で、水温95度くらい。
取り付けは、ご存じの通りダイアグノーシス診断コネクタに差し込むだけである。

|

« レガシィS401と「田園」 | トップページ | 「生物学的にみる時間の長さ」 »

MODIFY LEGACY S401」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/413360/6953846

この記事へのトラックバック一覧です: 「レガシィS401からの情報表示」:

« レガシィS401と「田園」 | トップページ | 「生物学的にみる時間の長さ」 »