« 「レガシィS401のDefi水温計復活」 | トップページ | 「日本の数学の実力」とは? »

2009.07.07

「ホタテiBookの解体」

週末、Macintosh、旧型iBookのクラムシェルG3(通称ホタテ)の
OSを入れ替えた。

1999年に発売されたこのノート型Macは、
PowerPC G3 の300GHzを搭載、HDDはなんと当初3GB。
スペックはともかく、外観が貝殻をイメージしたデザインに
なっており、なんとも愛らしい。
Ibook

これを、HDDを60GB入れ替えて、子供のネットブックとして
使用していたが、OSをTiger(OS X v10.4)にしたあたりから
イマイチ安定しなくなった。

そこで、今回はさらにHDDを100GBにして
Panther(OS X v10.3)に戻してみることにした。
ちなみに、もともと付属OSはClassicの8.6である。
Imgp6213

FireWireが装備されていないこのマシンのHDDをターゲットモードで
起動させるためにはに、バラシてHDDを取り出さなくてはならない。
そして、現在生産が停止されつつあるPATAをFireWireのケースに入れる。
すでに、何度もバラシているため手順は心得ているのだが、
当初はここのサイトを参照させていただいた。

今回は、クロックアップも試みた。
クロックをいじるためには、抵抗(ブリッジ)を入れ替える。
抵抗をはがして、付け直すという繊細な作業が必要だ。

Imgp6220
Imgp6221

さてさて、

試みたが、、しかし、なぜか、クロックアップしていないようだ・・・。
なぜだろう?

組み立て後も、問題なく起動するのだが。
向学のためにもう少し、研究してみたい。

|

« 「レガシィS401のDefi水温計復活」 | トップページ | 「日本の数学の実力」とは? »

Macintosh」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/413360/30439005

この記事へのトラックバック一覧です: 「ホタテiBookの解体」:

« 「レガシィS401のDefi水温計復活」 | トップページ | 「日本の数学の実力」とは? »