« 「ホタテiBookの解体」 | トップページ | 続・新型レガシィ試乗(ターボ6速MT&アウトバック) »

2009.07.10

「日本の数学の実力」とは?

毎年開かれるオリンピックがある。

「国際数学オリンピック」をご存知だろうか?

高校生を対象とした、数学の能力を世界レベルで競う大会だ。

では、1位はどこの国だろうか?日本は何位なのだろうか?
答えは文末に書くことにしよう。

さて、その「国際数学オリンピック」だが、毎年開催国が異なり、
テストは2日間。各1日4時間半で3問ずつに挑戦する。
問題は、ほぼ高校2年生までの数学知識で解ける内容だが、
ここでの問題は、いわゆる計算力より、解法をみつける発想力が
鍵となる。

そもそも、数学という学問は計算力ではなくて、発想力、つまり
どのように考えれば解けるのかという点が極めて重要なのだが、
小学生の教科書や問題集などをみると、やはり計算問題が多いように思われる。
実際、書店の参考書の棚を見れば、「○○計算ドリル」などのタイトルが
多く目につく。

ピーター・フランクルさんという方をご存知だろうか。
算数オリンピック(数学オリンピックのジュニアユース)の理事であり、
以前、NHK教育「マテマティカ」という番組に出演していた
ハンガリー出身の天才数学者だ。
おもしろいのは、数学者であると同時に大道芸人としての国家資格を
所有し、現役で活躍していることだ。

さて、そのピーターさんの著書「ピーター流らくらく学習術」によれば、
日本の教育の根本は明治維新の頃と、さほど変わっていないではないかという。
51m3wk3d5gl_sx230_
「富国強兵」つまり、国を強く豊かにするために学業もおこなうべきだという思想
のもとでは、「勉強」という漢字は「勉めを強いる」という意味になっている。

しかし、
現在、この漢字「勉強」は、中国では強制するという意味合いでしか
使わない。おとなり韓国では、勉強は=「コンブハダ」、これを
漢字に当てはめてみると「工夫」という字になるという。

明治以降の日本の教育は、知識を身につける楽しさ、わからなかったことを
理解できる喜びを目指したものではなかった。
これを引きずっていてはいけない、とピーターさんは主張している。

人間は、強制という形でなければ、好奇心がわき起こり積極的になれるのだ。
そして、そこからは想像力や発想力が生まれてくるのだという。

ちなみに、ピーターさんは1988年より日本に定住し、日本人以上に日本語を
使いこなしている。また、大学で講義ができるレベルに習得している言語は
12ヶ国語におよぶというから驚きだ。
まさに天才という名がふさわしい人物に思われる。

さて、「国際数学オリンピック」の順位だが、2008年スペイン大会では、
1位 中国
2位 ロシア
3位 アメリカ
4位 韓国
5位 イラン
そして、日本は・・・・残念ながら11位である。

いまこそ、教育について見つめ直す時期なのだと思う。

|

« 「ホタテiBookの解体」 | トップページ | 続・新型レガシィ試乗(ターボ6速MT&アウトバック) »

DIARY」カテゴリの記事

コメント

(^o^)丿

偶然でしょうか、先日、本屋さんで彼の新著「ピーター流生き方のすすめ」(岩波ジュニア新書)を立ち読みしていました~(^^ゞ。
買おっかなーと微妙に悩んでペンディングしていました(^_-)。

貴兄の文を読ませて戴いて、興味津々にて、早速「ピーター流らくらく学習術」を買ったところです)^o^(。

いい週末の楽しみが出来ました~m(__)m。

投稿: 仁 | 2009.07.10 14:16

仁さん

コメントありがとうございます!

私は、読んだ後、「この本にもっと早く出会っていれば」
と思ってしまいました。
英語の竹岡広信先生の著書以来の出会いを感じます(笑)

これまでに、教えられた勉強法がいかに画一的な
ものであったか、見直すよい機会となるかもしれません。

そして、お子さんへのいいアドバイスにつながると
思います!

投稿: 123_S401 | 2009.07.11 00:43

(^O^)/

はいー、正に然り。

いい本に出合えましたm(__)m。

投稿: 仁 | 2009.07.11 23:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/413360/30482159

この記事へのトラックバック一覧です: 「日本の数学の実力」とは?:

« 「ホタテiBookの解体」 | トップページ | 続・新型レガシィ試乗(ターボ6速MT&アウトバック) »