« 「日本の数学の実力」とは? | トップページ | 「レガシィS401のインパネに泣く」 »

2009.07.14

続・新型レガシィ試乗(ターボ6速MT&アウトバック)

気になっていた新型レガシィの2.5Lターボ6速MTモデル、そして
3.6Lアウトバックに試乗する機会を得た。

この両モデル、発売まもなくは試乗車がディーラーに到着していなかった。
そのため先日は、2.5L NA CVTモデルとターボATモデルの試乗となったが、
今回は満を持してS401でディーラーへ向かった。

現時点でもレガシィの2.5Lターボ6速MTは、ディーラー大型拠点でないと
試乗車を置いていないようだ。
20090711717

早速、シートポジションを合わせて、クラッチを踏む。
ちなみにサイドブレーキは、やはりレバー操作となっている。
「このモデルくらい、サイドにレバーをくれっ」と思ったのは
きっと私だけではないだろう。
まぁ、無理なハナシであることは十分理解しているが、
なんとなく書いておくといいことが、あるかもしれない(笑)

さて、次に気になったのは、シフトレバーの操作感が妙に軽いことだ。
カチカチと決まる、S401やインプの6MTとは別物に感じる。
ミッションとレバーのリンクがこれまでのロッド式から
ワイヤー式に変更されているというが、はたしてそのせいなのだろうか?

ニュートラルポジションから、カラカラと軽く動いてしまって、
なんというか、ちょっと安っぽくも感じさせる。
さながら、今度のレガシィは積極的な走りに振った車ではない
という主張が、MTからもメッセージされているようにも思えた。

走りの質感はトルクフル&ジェントルだ。
これは、現時点において全てのモデルに共通しているのではないだろうか。
その意味において、ドライバーの高揚感を煽るような演出はもちろん存在しない。
スタビリティが高いので、「気付かないくらい速い」のだ。
足回りもいいバランスがなされている。ステアを左右に振ってみると
揺り返しの少ないコンパクトな加重移動が可能だ。

続いて、はじめてのボクサー3.6L、アウトバック。
200907117152
座ると視界が広い。アイポイントが高いのだ。
通常、ミニバンなどは、Aピラーが視界の妨げになるケースが多いが、
このアウトバック気にならない。

全幅は1820ミリ、ターボモデルより40ミリ拡大されている。
ちなみにBE型のS401は1695ミリだから、その差は125ミリにおよぶ。

気になる、エンジンフィールは果たしてどうか?
期待に胸膨らませて、アクセルペダルを「ぐいい」と踏んでみる。

う〜ん、モアジェントル&モアトルクフル♫

やはり、この車でも同じ印象の延長線にきているようだ。
ひとことでいえば、そのものズバリなのだが、
「水平対抗エンジンの高級車」、だ。

裏を返せというなら!?
水平対抗エンジンに乗っているという印象は、少なくとも街乗りにおいては
希薄に感じる印象だ。

6気筒のバランスに優れたエンジンフィールと大排気量NAのレスポンスを期待
しての試乗であったが、街中ではその片鱗さえも垣間みることができない。
高速や、バイパス、極めて車の少ない山道、いや海外のアウトバーンのような
道でこそ、その本領を発揮する車に思えた。

しかし、この車、意外にもレギュラーガソリン仕様なのだ。
環境を考えてのことなのだろうが、中途半端という見方をしてしまう私は
車の個性を意識し過ぎなのだろうか(笑)

|

« 「日本の数学の実力」とは? | トップページ | 「レガシィS401のインパネに泣く」 »

CAR LIFE」カテゴリの記事

コメント

どうも。
アウトバックは週末に乗ってきましたが、
6MTに乗るのを忘れていましたw

ちなみに、30kgの軽量化をはかった6MTですが、
実はインプ等に積んでいる6MTを軽量化したのではなく
私のBE5等に積んでいる5MTを6速化したものだそうです。

投稿: きよい | 2009.07.14 12:26

きよいさん

コメントありがとうございます。

おそらく、スペCに魅力を感じるきよいさんの希望を
満たす要素は、、正直「ない」かと思われます(笑)
でも、試乗インプレは楽しみにしていますよ♫

投稿: 123_S401 | 2009.07.15 00:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/413360/30535548

この記事へのトラックバック一覧です: 続・新型レガシィ試乗(ターボ6速MT&アウトバック):

« 「日本の数学の実力」とは? | トップページ | 「レガシィS401のインパネに泣く」 »