« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009.08.30

「レガシィS401に旧型EVCⅢを装着」

仕事が再び活気を増して俄然忙しくなってきた。

本当はそんなときこそ、自分を客観視できるゆとりが欲しい。
この余裕が、よい発想を生む源となるのだ。
脳科学的には「メタ認知」という。脳ネタはマイブームである。

さて、
先日、S401のセンターパネルを加工して、ブーストコントローラー
ユニット(HKS製 旧型EVCⅢ)を押し込んだ。
灰皿を撤去してそのスペースを削りだし、

Imgp6253

ダイノックスのカーボンシートを張り込んだうえで、はめ込んでいる。

20090815819

パネルとツライチになって、違和感がないのが美しい。理想なのだ。

20090808813_2_2

なぜ、わざわざ旧型EVCⅢなのか・・・?

その理由は、、
夜間のイルミがセンターパネルの他のイルミと同色の緑色だから。
機能性よりも、見た目をとったというワケだが(笑)、
最新のEVCでもバルブ機能はそれほど大きく進化していないという
のも理由のひとつだ。

さて、このユニットを飾りのままにしておくのも、もったいないので、
EVCバルブを取り付けることにした。

数年ぶりのブーストコントローラーだ。

EVCバルブを車体に付ける前に、事前に室内である程度準備しておくといい。

車体側装着するのを楽にするために、次のようなステーを作っておく。

Imgp6255

フィルターは、新品のものに交換している。
レガシィの場合、下の写真の通りフィルターを装着すれば間違いない。
上:4∅のニップル → 4∅エアフィルター → サージ圧(10番)
中:6∅のニップル → 6−4変換 → プライマリーアクチュエーター
下:6∅のニップル → 6∅エアフィルター → プライマリータービン

Imgp6379

ちなみに、2年半ほど使用した古いフィルターと比較すると、
ブローバイガスによる汚れがよくわかる。

Imgp6375

バルブはできれば、エンジンやタービン等の熱源からはなしたい。
そして、しっかり固定できる場所ところがから上向きに装着する。
ここの空間を選んだ。
20090501654
ちょっと、わかりにくいがウォッシャータンクの後ろ側になる。

20090501653

プライマリーターボ用のデューティーソレノイドバルブにいっている
23番ホースは、ジョイント部分から切り離し蓋をするのが吉。
タイラップで密閉。ネジや、ステレオRCA端子の蓋などを使うとよい。

少々気をつけなくてはならないポイントは、以下の通り。
1)できるだけ純正の配管を切断しないこと。
2)プライマリータービンに繫がる配管に入っているオリフィスを残すこと。
3)ジョイント箇所をタイラップ等でしっかり密閉すること。

それほど難しい作業ではないが、慎重に行うことが大切だ。
あとは、美しく配管をまとめるくらいか(笑)

ユニット側の設定は、Low 1.0  High 1.1 スクランブル1.2としている。
Defiのメーターで装着前のレガシィS401の加給状況をモニターしていて
決めた数値だ。
また、モニターしながら、可能ならHighを1.2にしてみる予定だ。
BEBHのD型MTでも、圧縮比が高いとはいえこれくらいはいける(*自己責任で)

装着後の印象としては・・・
純正より鋭いブーストの立ち上がりと、
確実な制御を体感することができた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.15

「レガシィS401のセンターパネル炭化加工+α」

大雨と土砂災害に加え、ここ数日は地震。
今年の夏はどうなっているんだろう。
これらは環境破壊による自然からの警鐘のようにも思われてならない。

さて、
先週、シフトパネルを3Mのダイノック・フィルムを使って加工した。
初めてにしては、良い仕上がりとなったため、
応用編としてセンターパネルの加工に挑戦してみた。

まずは、センターパネルを外したら、ドリンクホルダー等をバラす。
20090808806

前回のパネルの切れ端をつかって、ドライヤーで引き延ばしながら貼付ける。
20090808807

いい感じだ(笑)
続いて、右側のプッシュボタンも抜き出して貼付け。
20090808808

さて、いよいよ、大きなパネルを貼る。
前回同様に、これは型紙を起こして貼付けた。

仕上がりは、まずまずといったところ。

3連メーターを組み込んでいる最上部のRの張り込みが難しく、
裏側は見せられない(苦笑)

20090815819

話はずれるが、
今回灰皿部分をくりぬいてHKSの旧型ブーストコントローラー
EVCⅢのユニットをインストールしている。

なぜ、旧型モデルかといえば、基本機能は現行モデルと大差なくコンパクト。
そして、なによりも夜間照明が緑のため、センターパネルの照明とマッチ
しているからだ。
ちなみに、旧型EVCproも持っている(笑)

ところで、
細かい仕上げは千枚通しを使用すると楽だった。

20090808809

実際に、シフトパネルと合わせて車に装着してみると、
こんな感じになった。

いかがだろうか・・・!?

20090808813_2

大人のGT、レガシィS401には、ちょっとレーシーな雰囲気が漂いすぎか!?

まぁ、しばらくこうしておくことにする(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.08.12

「たまにはマンガも・・・」

電車で通勤している時間は有効に使いたいものだ。

私の場合、通勤時間は1時間強。
読書かiPodtouchに移しておいたテレビを見ることが多い。

メールもらっている場合は、その返事を書くこともあるが、
よく電車で目にするような、ゲームをしたりマンガを読むことは滅多にない。

しかし、

今、荒木飛呂彦先生のあの大作をもう一度読み返している。
連載は、私が高校生だったころスタートした「ジョジョの奇妙な冒険」だ。
Jyojyo

当時、週刊少年ジャンプは全盛期で、毎週楽しみにしていた
マンガのひとつだった。

冒険活劇のストーリーは歴史や古代遺跡ロマンなどの要素が盛り込まれ、
読者を飽きさせない。また、登場人物の立ち振る舞いも独特な個性があって
おもしろい。
何より、技の原理をイチイチ解説しなければ気が済まない、作者の理屈っぽさ
が好きだった。読者をマンガに引き込むリアリティを求めているのがいい。

私の手元にあるのは第3部までの28巻だが、第7部まではさらに50巻が
存在する。読破するには、マンガ喫茶に通うこともやむを得ない。

実は私は、「ジョジョ」の前身ともいうべき「バオー来訪者」からの
大ファンなのだ!!
Baoh

たまにはマンガも・・・やっぱりイイ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.08.10

「レガシィS401のシフトパネルを炭化加工」

花火の季節がやってきた。

幼い頃、夏になると両親に連れられ、近くの花火大会によく出かけたものだ。
時は流れ、現在は自分も家族を持ち、子供たちと花火を見ている。
ただ、大きな音とともに夜空を彩る光は、今も昔も変わらないようだ。

さて、夏の家族サービスの合間をぬって、
S401のシフトパネルの行く末を模索してきた。

結論からいうと、今回はマットブラック塗装はあきらめることにした。
理由は、塗装面が露出してしまうため、何度もパネルを脱着したりすると
どうしても小傷がついてしまうからだ。

となると、
Sエディションのチタン調パネルを購入するのが良策のようにも思えるが、
そこはこのパネルを捨て去る前にもう少しだけ遊びたい。

ということで、次は3Mのダイノック・フィルムを使って加工することにした。

シートはオフブラックな印象のカーボン調シート(CA-421)にしてみた。
20090805798_2

この質感は、先日、試しに貼ってみたカーボン調シートとは雲泥の差だ。
また、よく伸びるとの評判で、加工しやすいのも選択理由となった。

早速、シートを購入し、型紙を起こすところからはじめた。
20090805795_2
曲面を貼ることをふまえ、表面積の1.5倍くらいを想定して切り出す。
そして、その型紙にそってダイノックシートを切り出した。

20090805797_2

これをドライヤーで熱を加えながら、S401のシフトパネルに
巻き付けるように張り込んでゆく。

20090805799_2

エッジはよく伸ばしながら、裏側へ巻き付けていくのがポイント。
ドライヤーの熱は常時吹き付けていると楽だが、火傷の恐れがあるので
注意が必要だ。
かくいう私は、我慢しすぎて、人差し指が少々水ぶくれになってしまった。
しかし、頑張った成果は報われた。

20090805800_2
20090805802_2

曲面までしっかり貼れると、リアルカーボンに近い質感が出てくる。
そして、それなりに満足感は高い。

もっと、寄ってみよう。
20090805803_2

なかなか良い感じである。

これを採択するとなると、次はセンターパネルまで挑戦するかどうかだ。
3連メーターを埋め込んだあたりがかなり手強そうだ・・・。

ただ、フィルムも相当あまってしまうので、来週あたり挑戦してみることに
しよう。

まぁ、ここまでくると、後には戻れない感じもする(笑)

ちなみに、このダイノック・フィルム、通販での購入がオススメだ。
120×100センチで6000円ほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.01

「レガシィS401のシフトパネルを塗装」(2)

先日、S401のシフトパネルをマットブラックに塗装した
しかし、マットというには妙にテカリが出てしまっていた。
20090726776

そこで、サンドペーパーの2000番で塗装面を荒らして
つや消し度をアップしてみた。
20090801788
20090801789

この作業で、立派なマットブラックとなった。

早速、車にもっていってS401純正センターパネルと組み合わせてみる。

・・・・・・・・・・・・・。

色味はだいぶ合っているのだが、、、
ソフトフィール塗装のゴムのような質感と、
マットブラック塗装の硬い質感が違和感である。

遠目からはわからないが、運転席からは気になるかと思われる。

やはり、部品発注すべきであったか・・・(汗。

気にしないという、スーパースペシャルな技もあるのだが、
やはり、ここは今後の方針を検討したい。

1)S401の純正パネルを発注
  →やはりソフトフィール塗装のため、いずれまた交換したくなる。

2)Sエディションのチタン調パネルを発注
  →インパネ周りが少し明るくなる感じがイマイチ気になるが、
   マッチングは悪くない。

3)別塗装で再挑戦。
  →センターパネルごと塗装してしまう。いずれにしても、クリアを吹かない
   マットブラックでは表面が傷つきやすい。何色にするか・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「悪天候の夏旅行」

ニュースによれば、今年は冷夏になると予想されている。
日照時間は観測史上(戦後)最低というハナシだ。
日本で冷え込んでいるのは経済だけかと思っていたのだが、天候までもとは。。。

さて、そんなニュースを尻目に今週はじめに家族サービスで海へでかけた。
場所は、伊豆の今井浜だ。

車は、もちろんS401・・・ではなくて(汗、
我が家のファーストカー、ステラRS。
_small

理由は、
仕事で疲れた翌日に早朝から運転してもAT(CVT)なので気楽。
その心は、朝ご飯を食べながら、もしくはコーヒーを飲みながらの運転でも
まぁ、なんとかなるからだ(笑)

さらにいえば、ダブルモニター装備で、5.1chDVD再生が可能なこと。
子供は、ディズニー&宮崎駿映画を2本くらいは見ちゃいます。
長時間ドライブでも飽きずにいられる有力デバイスを装備している。

最後に、燃費がいいこと。今回も、スーチャーながら17km/L。
ちなみにルートは、
往きは、沼津から天城超えの中伊豆を抜けるルート、
帰りは、小田原まで海沿いのルートを選択した。

さて、現地では、やはりこの悪天候が災いして、雨、雨、雨。
海水浴らしきことができたのは最終日の3時間程度となってしまった。

仕方がないので、今回はガラス工房にでかけ、ベネチアガラスによる
ガラス細工に挑戦したり、宿で温泉につかりゆっくり過ごした。
Rimg0022
美しいベネチアガラスの装飾材料(1)
Rimg0041
美しいベネチアガラスの装飾材料(2)

Rimg0031
ガラス細工のペンダントを作成(子供)。

Imgp6593
オマケ:海にいたカニ。1時間飼育。

来年は、きっちり晴れて暑い、夏らしい夏を海で迎えたいものだ。
できれば、日本の経済状況も好転していてくれるといいのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »