« 「レガシィS401にレーシングサクションを装着」 | トップページ | 「ジョジョの奇妙な冒険:荒木飛呂彦先生」 »

2009.09.28

「GREAT VOYAGE '09 in TOKYO」

今日も仕事であったが、途中で切り上げ日本武道館まで足を伸ばした。
人気歌手のコンサートではない。

プロレスの観戦だ。「GREAT VOYAGE '09 in TOKYO」

今年、6月13日にマット上で還らぬ人となってしまった
元タイガーマスクこと、三沢光晴を偲んで観戦に赴いた。
また、個人的には小橋建太ファンであり、武藤敬司(全日)との
初対戦カードも楽しみであった。

若い人には、プロレスのおもしろさが伝わらないのか、
テレビ中継もなくなり、ますますプロレス離れが進むときく。
しかし、この日、武道館は立ち見が出るほどの超満員だった。

20090927831_2

元気のいい、ジュニアヘビー級の若手レスラーをほどほどに、
第7試合の特別スペシャルダッグマッチに登場する小橋と武藤の試合を
楽しみにして待った。

小橋も若くして大病(腎臓がん)を患ったが、不死鳥のごとくリングに
復帰してくれた。多く人の心を、プロレスを通して支えてくれているのだ。
全盛期の小橋ではないにしても、この人を応援しないわけにはいかない。

すでにこのカードが始まる前に、会場はヒートアップしていた。
ファンの心は皆同じなのだろう。
レーザービームによる派手な演出による登場が終わると、早速ゴング。

にらみ合いから、例のごとくチョップやキックなどの技が繰り出される。
武藤は、予想以上に元気で体のキレがあるように見受けられる。
グレート・ムタであった頃が懐かしい。
反面、タッグを組んでいる田上は動きが緩慢に思われた。
ノアの社長業が忙しいのだろうか・・・などと、いらぬ妄想をしてしまう。
赤パンと相まってジャイアント馬場を彷彿させる。

汗かきの小橋は、すでにびっしょりになっているようだ。
気合いとともに、チョップを繰り出すが、投げられてフォールに持ち込まれる
場面もあった。しかし、タッグを組んでいた高山との連携がすばらしく、
二人のギロチンチョップで緩慢な田上をマットに沈めた。
小橋も、以前ほどのキレはなかったのだろうが、「いい試合」をしてくれた。
武藤も退場の際に三沢に敬意を表していたのがよかった。

メインのGHQヘビー級タイトルマッチは、イケメン潮崎豪と不運にも
自身のバックドロップで三沢を送ってしまった斎藤彰俊(挑戦者)のカード。
20090927829_2
潮崎に黄色い声援が飛ぶ。ただ、試合内容は個人的には塩気がきいていた印象。
これは、見ていた人なら少なからず感じただろう。
タイトル防衛は叶ったが、三沢不在となったノアを牽引していくためにも、
潮崎はもっともっとファンを魅了する何かが必要かもしれない。

最後は、三沢追悼セレモニー。三沢コールが武道館に鳴り響く。
20090927834_2  
いまも、プロレスファンは温かいのだ・・・。

|

« 「レガシィS401にレーシングサクションを装着」 | トップページ | 「ジョジョの奇妙な冒険:荒木飛呂彦先生」 »

DIARY」カテゴリの記事

コメント

(^o^)丿

あー、懐かしいですね、タイガーマスク三沢!
あのころ魅了されていました(^^ゞ。

時は過ぎますね。

投稿: 仁 | 2009.09.28 11:17

仁さん

コメントありがとうございます。
思い切りのよい三沢の空中技になんともいえぬ
美しさがありましたね!
きっと、天国でもプロレスをしているのでしょう。

投稿: 123_S401 | 2009.09.29 01:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/413360/31547950

この記事へのトラックバック一覧です: 「GREAT VOYAGE '09 in TOKYO」:

« 「レガシィS401にレーシングサクションを装着」 | トップページ | 「ジョジョの奇妙な冒険:荒木飛呂彦先生」 »