« 「アーティスト内藤礼さんの作品」 | トップページ | 「レガシィS401の故郷へ〜三鷹STI探訪」 »

2009.09.03

「ピーター・フランクルさんの教え」

以前、ピーター・フランクルさんの著書『らくらく学習術』を読んだが、
実際にピーター・フランクルさんにお話を聞く機会を得た。

天才数学者といわれる、ピーターさんが数学を始めたきっかけは、
なんと、「生きていくため」の父親からのアドバイスだった。

ご両親はユダヤ人であり、強制収容所とホロコーストを経験している。

「人間の財産は頭と心の中にあるものだけ」

迫害を受け、全財産を没収されるなどの苦しい経験をした、
医師である父親から、息子へ伝える「真理」なのだ。

数学者としてだけでなく、大道芸人、ジャグラーとしても有名な
ピーターさんだが、そのジャグリングを始めたきっかけは、
なんと「モテたかったから」だそうだ(笑)
0061

なんとも、天才数学者も女性にモテたいという気持ちが喚起された
ことに親しみを覚えてしまう。

そして、誰もが気になるテーマ。
数学を学ぶうえで大事なことはなんだろうか?

それは決して計算力ではない。
「発想力」と「論理的に物事を考える力」なのだという。
そして、
「よい発想は、余裕の中から生まれる」
「忙しいこと、余裕がないことは悪いことである」と。

日本人は、忙しくいることを美徳としがちだが、
それは間違っているというのだ。

では、どうやったら余裕やゆとりを生み出すことができるのだろうか。

まずは、「心にゆとり」を持てるように努めたいと思った。

|

« 「アーティスト内藤礼さんの作品」 | トップページ | 「レガシィS401の故郷へ〜三鷹STI探訪」 »

DIARY」カテゴリの記事

コメント

(^o^)丿

ほんとに、そうですねぇ。
彼の著述に触れていると、んー、大らかだなぁと感じます。
それに比して、自らは何とせせこましい事よと・・・(>_<)。

ものは捕り様、感じ様と言いますが、多忙~余裕の無さ~機嫌の悪さ~狭量という悪循環に、くれぐれも立ち入らない様にしなくてはと、自戒するばかりです。
あるんですよねぇ、この螺旋階段に入ってしまう事が(ーー;)。
大反省~!です。

投稿: 仁 | 2009.09.03 11:17

仁さん

毎度、コメント感謝です。
忙しい現代人は、常にゆとりを持つことはできないと思いますが、
そうしようという心がけが大事なのだと思います。

仁さんの場合でしたら、庭の花や木々を愛でることが、そのひとつなのでは
ないでしょうか。
いつも、自分も見習いたいと思う次第です。


投稿: 123_S401 | 2009.09.04 00:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/413360/31213312

この記事へのトラックバック一覧です: 「ピーター・フランクルさんの教え」:

« 「アーティスト内藤礼さんの作品」 | トップページ | 「レガシィS401の故郷へ〜三鷹STI探訪」 »