« 「ピーター・フランクルさんの教え」 | トップページ | 「レガシィS401車検の概算見積」 »

2009.09.06

「レガシィS401の故郷へ〜三鷹STI探訪」

レガシィS401は富士重工の製造ラインより STIに持ち込まれ、
エンジン内部の研磨とバランス取り、ECUチューニングおよび専用架装等が
施された、いわばワークスチューニングマシンである。

・・・と書くと、
まるで初代仮面ライダーの誕生の解説シーンのようだが、(笑)

先日、そのレガシィS401の故郷ともいうべき、
東京三鷹にあるSTI本社「STIギャラリー」を訪れた。
そのレポートを書いておこう。

「STIギャラリー」は、今年5月に富士重工業東京事業所内に新たにオープンした、
CarDo三鷹、G-Park三鷹 とともに併設されている。

Rimg0022

Rimg0023

まず、東京スバルCarDo三鷹。
中は大変広々としており、ゆとりある空間に車がディスプレイされている。
Rimg0002

自由に展示された車をみることができる。
もれなく、自動販売機のドリンクは飲み放題となっていた。
Rimg0001
もちろん、STIのパーツもきっちりディスプレイ、販売されている。

2階にあがると、いよいよSTIのギャラリーとなる。
STIの歴史がわかりやすく解説されるとともに、
パーツと歴史的な車がディスプレイされていた。

Rimg0004
ステーションワゴン最高速度記録を達成したレガシィ。

Rimg0011_2
シンメトリーをわかりやすく示すシャシーとエンジンレイアウト。
  Rimg0014_2
ニュルブルクリンク24時間レース出場車両
「SUBARUインプレッサSTI」

Rimg0016

懐かしい「レガシィRS」。
今はなきコリン・マクレーがドライブしていた車両を展示している。

私も、かつてそのラリーでの活躍を知り、初期型インプレッサWRXを購入した。

Rimg0021
気になる整備工場。

Rimg0020

ちなみに、ここには16機のリフトが備わっているとのこと。

車を購入するときは、サービスフロントマンの知識を確認し、
整備工場内のリフトをきっちり数えてから購入している。
・・・というのは嘘だが(笑)誰もが気になるところだろう。

CarDo三鷹、G-Park三鷹からの車両整備に加え、STI関連の作業も含めると
これくらいのリフト数は必要ということか。

Rimg0026

さながら、スバル基地、STI研究所といった佇まい。
デザイン性の感じられる建物。

Rimg0030_2

記念にG-Park三鷹側から
愛車S401と写真を一枚とらせていただいた。

<STIギャラリー/CarDo三鷹/G-Park三鷹>
場  所:東京都三鷹市大沢3−9−6
営業時間:9時30分〜19時

|

« 「ピーター・フランクルさんの教え」 | トップページ | 「レガシィS401車検の概算見積」 »

CAR LIFE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/413360/31255670

この記事へのトラックバック一覧です: 「レガシィS401の故郷へ〜三鷹STI探訪」:

« 「ピーター・フランクルさんの教え」 | トップページ | 「レガシィS401車検の概算見積」 »