« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009.10.26

「レガシィS401にVDCブローオフバルブ装着」

今週末は気温も下がり、キノコ栽培!?が楽しい季節となってきた。

先日、レガシィS401のエアクリーナーをProva製純正タイプから
キノコ型のHKSレーシングサクションへと交換している。

初期の印象では、同社のブーストコントローラーとの相性がいいと感じたが、
4500〜5000回転付近をパーシャルで通過するような場合、
いわゆるトルクの谷間にはまってしまうことが多い。

例えば、
コーナーの立ち上がり前に、アクセルが開けられないような状況で
この谷間にはまってしまうとかなりつらい。
車が外加重の状態からアクセルを開けていって、いきなりツイン加給となると
急激なトルク変動が起き、挙動が乱れそうになる。

ちなみに、
レガシィのツインターボの仕組みは・・・
高回転および高負荷になるとセカンダリ側の加給圧リリーフバルブが閉じられ、
排気制御バルブが開きセカンダリタービンの加給が始まる。
プライマリと圧力が同じになったのを差圧センサが感知して吸気制御バルブを
開き、満を持してツイン加給となる。

このツインターボに替わるタイミングで、エアバイパスバルブから
ブースト圧がリーク、つまり 逃げているとツインに切り替わるときの
レスポンスは当然落ちる。
ツイン加給にするためのバルブが開くことで、どうしても一時的に圧力が
他へ逃げる状況がそれだ。

たとえば・・・
お風呂で、シャワーとカランの切り替えで、カラン側から水が漏れていると
シャワー側の水圧が落ちて水が奇麗にきちんと広がらない。
また、シャワー側から水が出るタイミングにタメができてしまう。
そんな状態を思い出せばわかりやすいだろうか。

実際、
全開にして圧力の充填を高めれば谷間の通過は早いのだが、街乗りでも、
山でもパーシャルで使う機会は意外と多い。
そこで、
エアバイパスバルブ(ブローオフバルブ)を強化して圧力リークを
減らし、現状(キノコ+EVC)でのブーストの掛かりを向上させたい。

社外の強化ブローオフバルブは沢山があるが、
まず今回は、評判の高い流用チューニング、
レガシィVDCの純正エアバイパスバルブを装着してみることにした。

20091003837

左がレガシィVDC用、右がS401に装着されていたもの。大きさが異なる。
そして、裏側はこうなっている。
20091003838
VDC用はバルブ内のスプリングレートが比較的高いというので、
実際に裏側からスプリングを押してみると・・・、
意外にもS401のものよりVDCのほうが柔らかく感じるではないか。
VDCバルブの機能につていは、今後調査してみたい。

ちなみに、裏側の小さなくぼみはともに貫通はしていない、
つまり穴は開いていない。ということは、埋める必要もない!?(笑

さて、装着は至って簡単。
角度のついたメガネレンチがあれば、インタークーラーのステー等も
外さずに15分程度で脱着が可能だ。
Rimg0019

20091003841
もちろん、ガスケットは新品に換えている。

VDCバルブは圧力を逃がすためのノズルが設けられているが、
今回は大気解放を試し、それから10番(サージ圧)の配管へ戻すこととする。

印象としては、
結論から言えば、ブーストの掛りは良くなっているように感じる。
ツインへの切り替わり時間(谷間)も確かに減少はしている。
しかし、減少の度合いはそれほど大きいものではなく、
やはりそれなりの谷間はまだ残っている状況となった。

やはり、この状態(キノコ+EVCによる圧力損失)を改善するには
社外でバルブ圧力の調整機能がついているものが欲しくなってしまう。

車のチューニングとは、車のバランスを崩しては、それを補うことの
繰り返しともいえる。それが楽しいのだが(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.19

「ファン感謝デーでクジ運使うも。」

仕事が一段落し、どこかしらで常に意識していなくてはならない
ものから少し解放されてホッとする。

さて、
この週末は、レガシィS401の車検の相談がてら、
東京スバルのファン感謝デーにディーラーへ出かけた。

土曜の午前中は、まだ来客も少ないのか駐車場が空いていた。
営業さんに誘導されるまま点検と洗車をお願いする。

約1時間程度の待ち時間だと言うので、インプレッサのスペCの黄色
(いわゆるサンライズイエロー)に試乗することにした。
前回試乗した時は渋滞が多く、スペCの実力を垣間みるにいたらなかった。

今回は!、
と思って試乗に望んだが、あいにく最近の週末は車の台数が多いようで、
前回とそれほど状況はかわらなかった。
ただ、装着されたレカロシートの出来の良さは、やはりすばらしかった。

ついてないなぁ・・・と思いつつ、感謝デーのくじ引きに参加。
何気なく、くじを引くと、
、、、A賞(汗)

営業さんの表情が語っていた・・・
「初日、午前中から、いきなりか!?」

<<A賞は・・・・・焼き物の鍋とお椀のセット>>

「おめでとうございます!!」(営業さん
「スイマセン、B賞2つでもいいですか!?」(私
「いや、ご実家に・・・」(営業さん
「B賞のほうがいいんですよ」(私

というような、やり取りをしていると、ちょっと偉い方が来て、
「いいですよ、B賞2つで!」といってくださった。
20091017857

ノートと洗車で活躍するフィアバークロスもいただいた。
なによりも、このフィアバークロスがありがたかった。

10ポイント点検では、フロントガラスに貼ってある
ステッカーが車検でひっかかるとのご指摘をいただいた。
もちろん、車検までのオシャレと割り切って貼っているので、
剥がしてしまうつもりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.08

「ジョジョの奇妙な冒険:荒木飛呂彦先生」

雨の打ち付ける音が強くなってきた。

接近しつつある台風は、過去10年間で最大規模という。
なんとも景気が低迷する日本列島を縦断するらしいが、
大規模自然災害になれば経済的な痛手も増すばかり。
無難に通り過ぎるよう祈りたい。

さて、
先日、敬愛する漫画家、荒木飛呂彦先生のお話を伺う機会を得た。
40代後半というが、見た感じでは10歳は若く見えてしまう。
服装が大変オシャレなのは、感性も若いということだ。

荒木先生の漫画は、私が学生時代に週刊少年ジャンプに連載されていた
「バオー来訪者」で知り、その後の「ジョジョの奇妙な冒険」で親しんだ。

現在、荒木先生は集英社「ウルトラジャンプ」であの「ジョジョシリーズ」
の続編、Part7となる「STEEL BALL RUN」を連載している。
Uj
舞台は、19世紀末、北アメリカの大陸横断レース。
例によって同じ姓をもつ登場人物やスタンドなど、
一部分は「ジョジョシリーズ」の思想を残しながらも、
これまでになかった設定が飛び出して大変面白い。

もちろん、それぞれのカットには荒木先生こだわりの
キャラクターポーズや独特の絵の構図が見てとれる。
Sbr14

荒木漫画といえば、「ジョジョ立ち」といわれるキャラクターポーズが有名。
多くの荒木ファンが実際に「ジョジョ立ち」に挑戦している。

芸能人でも、ケンドーコバヤシや中川翔子が大ファンらしく、
ジョジョのポーズまねているようだが、なかなか難しいらしい(笑)
Jyojyo14

荒木先生もジョジョ連載当初とは、画風はずいぶん変わってきている。
駆け出しの頃は、「カムイ外伝」、「サスケ」の白土三平先生を尊敬し、
その漫画を模写していたという。
そこに、イタリアを旅した時に、ミケランジェロなどの彫像からインパイア
されたという独特なポージングが加えられ、絵の深みを増しているようだ。
荒木先生曰く、「ネジレやヒネリの感じがイイ」のだそうだ。

個人的には、昔の絵もいいが、現在連載中の「STEEL BALL RUN」の画風も
なかなかいい。より芸術的な感じが増して、イイのだ。
実際、荒木の先生の絵の評価は大変高く、アメリカの科学雑誌の表紙を描いたり、
Cell

川端康成「伊豆の踊り子」などの文庫本の表紙を描いたりもしている。
Izu

絵の話に終始してしまったが、ストーリーも大変おもしろい。
是非、ウルトラジャンプやコミックを立ち読み、、もとい、買って読んで、
荒木ワールドのすばらしさを体感すべきだろう。

Rimg0046

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »