« 「レガシィS401に異常!?」 | トップページ | 「ショートインナーダクトは作れるか」 »

2009.11.05

「東京モーターショー2009最終日」

会社を半休にして、東京モーターショーの最終日に行ってきた。

これまでは初日、金曜のプレスデーに行くことが多かったが、
今回はグランドフィナーレがどんな雰囲気なのか
見てみたかったこともあり最終日に出向いた。

私の場合、コンセプトカーやパーツへの注目もさることながら
メーカーのプレゼンテーション手法やその演出をしっかり見ることを
もう一つの目的のひとつにしている。
今年は不景気で地味というがどうなっているのだろうか・・・。

4時前に到着すると、会場や各ブースはやはり平日ということもあって
比較的空いているように感じられた。
Rimg0099

時折、人山ができているブースを目にするが、
いずれもカメラ小僧さんが、車ではなくコンパニオンのお姉さんに
群がっているだけだった。

早速、
スバルブースでコンセプトカーのプレゼンテーション見る。
Rimg0102
(HYBRID TOURER CONCEPT)
開発コンセプトとともに車を紹介。典型的なプレゼン。
Rimg0103
実用的かどうかはさておき、ガルウィングが格好いい!
Rimg0104
BE(レガシィB4)もそうだが、リアビューが格好いい車はイイ。
ところで、話題のこの車も現物を見たら、やはり格好よかった。
Rimg01182
(FT-86)
水平対抗FR・・乗ってみたいものだ。デザイン性も高い。
Rimg01142
Rimg01172
集中メーターも近未来的。このまま出てほしいくらいだ。

現行レガシィB4ベースのSUPER GTマシンも展示されていた。
Rimg01202
インプレッサではなく、レガシィB4というとこがおもしろいが、
現行レガシィにはなんとなくレースのイメージが馴染まない。
ドライバーは、山野哲也と密山ナントカ。

Rimg01122
(インプレッサSTI CARBON)
このカーボンルーフだけで4kg軽量化されるらしい。
ただし、A-Lineがベースとなっている。Spec-Cではない。

Rimg0105
(プラグイン・ステラ)
1回のフル充電で90キロ走行。15分で70%充電。
深夜充電100円分で約100キロ以上走行するらしい。ホントか!?

さて、プレゼンテーションが一番わかりやすく、
かつ演出としても見事だったのがホンダブースだった。
舞台演出のノウハウを十分織り込んで、見ている観客を飽きさせない内容。
そして、「ないものはつくろう!」
というホンダの思想に改めて感動させられる。
Rimg0110
アシモも登場して盛り上げてくれた。

もちろん、コンセプトカーもすばらしい。
Rimg0107
(CR-Z)
そして、この車のリアビューもなかなかよかった。
Rimg0111

コンセプトカーは、総じてハイブリットカーが多く個人的には面白みに欠けた。
ただ、普段は機会のないスポーツカーの運転席に座れたのは楽しかった。
RX-8、Roadstar、フェアレディZロードスター 、そしてGT-R。
Rimg01232

気がつくと、ちょうど約2時間で見たいブースはほぼ見終わっていた。
各ブースではグランドフィナーレの挨拶が行われていた。
コンパニオンが挨拶していたが、その人数も例年より少ないようだった。
カメラ小僧さんたちもその分減ってくれれば車が見やすいのだが(笑)

次回もまた「夢の車の祭典」に期待したい。
Rimg01282

|

« 「レガシィS401に異常!?」 | トップページ | 「ショートインナーダクトは作れるか」 »

CAR LIFE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/413360/32076408

この記事へのトラックバック一覧です: 「東京モーターショー2009最終日」:

« 「レガシィS401に異常!?」 | トップページ | 「ショートインナーダクトは作れるか」 »