« 「東京モーターショー2009最終日」 | トップページ | 「元F1ドライバーの片山右京さん」 »

2009.11.11

「ショートインナーダクトは作れるか」

余裕があることは、いい発想を生み出すうえで必要不可欠なのだが、
余計な発想を生みだすことも・・・しばしば。

吸気をキノコに変えてから試してみたいことがあった。

外していた純正レゾネータを加工して、
Prova製のショートインナーダクトもどきを作ることだ。

まずは、カットするたのに糸ノコを準備。
下の写真は、レガシィS401(BE D型)のレゾネータ。
左側の丸い部分のみ残すことを目指してカットする。
Imgp6828
ところが、これが予想以上に頑丈でカットに骨が折れた。
(実は、糸ノコの歯を2本無駄にしてしまった・・・涙)

そこで、ちょっとゴツいノコギリに変更しバッサリと直線カット。
Imgp6829
左のデカい部分はプラスチックゴミへ。きっちりリサイクル(笑)
右の使用部分は切り口に無駄が多く、美しくないためさらにカット。

Imgp6830
上から見て、飛び出ている部分をさらにカットする。

Imgp6831
曲面に対してぎりぎりのあたりを直線カットした。

なんとなく、目指すものが見えきだろうか。この穴を塞げば完成となる。
が、問題はどうやって塞ぐかかだ。
たいした圧力はかからないだろうが、固いものが安心だろう。

ということで、
今回は0.5ミリのアルミ板をくり抜いて塞ぐこととした。
固いプラスチックでも加工できれば問題ないだろう。
Imgp6832

これを、金属用のボンドでガッチリと固定すれば完成。
Imgp6835
見た目はイマイチではあるが、フェンダー内に隠れてしまうパーツであるし、
機能性もProva製ショートインナーダクトとそれほど大差ないかと思われる。

しかし、費用は大差。製品は19950円。
自作すれば、純正を自作加工に家のあまり部材を使って0円。

効果がなければ、フェンダー吸気のダクトにすべく下部をさらにカット
してしまえばいいだろう。

|

« 「東京モーターショー2009最終日」 | トップページ | 「元F1ドライバーの片山右京さん」 »

MODIFY LEGACY S401」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/413360/32167311

この記事へのトラックバック一覧です: 「ショートインナーダクトは作れるか」:

« 「東京モーターショー2009最終日」 | トップページ | 「元F1ドライバーの片山右京さん」 »