« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009.12.14

「茂木健一郎と宮本亜門」

「人間とは何のために生きているのだろう」
誰もがこの世に生を受け、成長していくなかで向き合うテーマ。
人間が成長していくことは、すなわち心の成長でありその追求といえる。

それを別々の角度から追求し得ているお二人の話を聞く機会を得た。

演出家の宮本亜門さんと、脳科学者の茂木健一郎さんの対談。

さて、このお二人。
演出家は、人の心をいかに魅了し、感動へと導くことを追求している。
脳科学者(茂木さん)は、クオリア(感覚の持つ質感)をキーワードとして
脳と心の関係ついての研究を行っている。

ところで、宮本亜門さんは、世界的な演出家として知られるが、
なんと小学生の頃は、引きこもりであったという。
自叙伝の『ALIVE』のなかでも、赤裸々に告白されている。
5144ca3kyhl_ss500_

自殺未遂、交通事故と信じられない半生を乗り越えて、ここにいるのだ。
内なる自分と多くの葛藤をしてきたのだろう。

繊細な宮本亜門さんの演出は、そんな自分を見つめ、そして乗り越えてきた
ひとつの現れではないかと思える。
対談中の笑顔がとても自然で、見る人にいいイメージを残してくれていた。

一方、茂木健一郎さんは、この対談のホスト役。

税金騒ぎもなんのその、熱いトークが冴えていた。
マシンガンのように言葉が連射され、
それを宮本さんが絶妙の間合いで、時に受け、時に流し、
そして見事に応えていた。

また、茂木さんは、宮本亜門さんの自叙伝をよく読み込み、
そして科学者として考察していた。
まるで、宮本さんの半生を描いた舞台を見てきたかのように、
よく知っているのには驚く。

ただ、茂木さんの話題は時として大きく飛躍するので、
宮本さんはそれについていくのがちょっと大変そうだった。
茂木さんは頭の回転が良すぎるのだろう(笑)
しかし、それはある意味おもしろく、大いに笑わせていただいた。

ちなみに、
茂木さんは、太っていると言っていたが、それほどではないように見える。
黒いセーターのせいだろうか。

対談終了の時間は突然訪れる。
その時、クラシックのアンコールのように観客から拍手が巻き起こった。

お二人の対談、いや、お二人の舞台は、
そこにいる観客を完全に魅了していたのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.11

「レガシィS401と富士山とほうとう」

毎年、この季節になると決まって友人とともに峠を走る。

車を走らせるとともに、いくつかの目的がある。
美しい富士山を見ること。温泉につかること。
そして、「ほうとう」を食べること。

今年で7年目。向かう先は、山梨県河口湖だ。

朝5時に起床し、レガシィS401で出発。
この時期の早朝は、まだ夜明け前で真っ暗な時間帯。
峠道を走ると、路面は朝露でぬれている。
レガシィのフルタイム4WDの強みを活かし駆け抜けた。

すこしずつ陽がのぼり、澄んだ空気に野山があらわになってくる。

S401_2_2

しばらく走っていると、まだ陽のあたらないコーナーで
外側リアのトラクションが抜ける。ズルっとすべる感覚が腰に伝わる。

実は、朝露が冷たくなっていたアスファルトの上で凍結していたのだ。

速度を落としながら、さらに次のカーブを抜けた時だった、
目の前に、腹をみせて大破した車が・・・

な、なんと、GT-R(R32)だった。

アテーサE−TS(トルクスプリット4WD)を装備するGT-Rが滑って、
おそらく再起不能とおもわれるクラッシュ・・・。
この光景をみて、一気にアクセルが緩んでしまった。

その後は、とっても安全運転で富士山を拝むために明神峠へ向かう。

S401_1_4 気温の上昇とともにガスが出はじめていたが、明神峠の頂上付近は晴れていた。

同様にして、富士山も晴れ渡り、
そして大変美しい光景が眼前に開けた。

Mtfuji_3 しばらくその美しさに見とれ、レガシィS401と一緒に写真を撮る。

よく見ると何か車の雰囲気が違う。
気がついただろうか!?

S401_3_2
車検を機に、ホイールを変えてイメチェンしてみたのだ。

S401_4_2 その後は、他の友人と合流し、
Hmm_2

今年もおいしく「ほうとう」をいただいた。 Houto_2 ちなみに、「ほうとう」の調理にはミネラルたっぷりの
この富士山の源流水がつかわれている。
雪が溶岩石を染み通り、地下水となって湧き出たものだ。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.06

「レガシィS401 3回目の車検を検証」

先週の金曜にレガシィS401が車検からもどってきた。
早速、3回目の車検を検証したい。

まず、
・車検整備:24,100円
 車検ラインを通すのに必要な項目だけだとしたら高い印象。
 「車検整備」という言葉がちょっとグレーな感じもする。
 具体的な内容も聞きたいところだが、ここは「おつきあい」として
 割り切ることにした(笑)

エンジン各部の点検では、次のように記載されていた。
 エアクリーナー点検(社外のため省略)
 バッテリー点検(ドライのため省略)
 スパークプラグ(白金ため省略)
 Vベルト点検
 ウォッシャー液 点検

これらは法定24ヶ月点検ともいうが、省略していいのなら・・・以下略(笑)

ブレーキは、分解・清掃・給油をしてくれるが、
ブレーキクリーナー&グリス代2,000円 技術料3,000円がかかる。

また、こちらから依頼した作業は
・クラッチフルード交換(純正):部品代600円   技術料3,400円
・ブレーキフルード交換(純正):部品代1,100円 技術料2,600円
・エンジンオイル交換(レ・プレイアード):部品代8,957円 技術料1,600円
・ミッションオイル交換(純正):部品代4,095円 技術料2,400円

そして、気になる保証修理となった項目は
・ターボホース交換
 これは、オイルミスト(ブローバイガス)による劣化なのだという。
 比較的、多くの車両でみられるらしい。
 (部品代1,540円 技術料8,300円)無償

・F右デフサイドシール交換
 先日、報告したドライブシャフト付け根からのオイル漏れの修理。
 (部品代670円 技術料11,900円)無償

・ラジエーター交換
 これは、全く気がついていなかったが、上部のカシメが開きつつあった
 とのことで、交換してくださった。
 (部品代:18,100円 技術料12,600円)無償

延長保証に入るときは悩んだが、結果として入っておいて良かった。

以上のような内容で、多少の割り引きしていただき、
レガシィS401の3回目の車検総額:138,304円となった。

ディーラーから仕上がったS401に乗ってかえるとき、
「ああ、やっぱりいい車だな・・」と、
三たび思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »