« 「鎌倉で内藤礼さんの作品と出会う」 | トップページ | 「レガシィS401をアライメントセッティング」 »

2010.02.02

「レガシィS401再びオイル漏れ!?+R205考」

今夜の東京は雪。かなりの積雪という。
状況次第では、ファーストカーのステラRSにスタッドレスを装着する
必要が出てきそうだ。

さて、先日、S401のフロントドライブシャフト付近に、
オイル漏れの痕跡
をみたが、これはオイルシールを交換して対処した。
ところが、週末に再び微細なオイルの滴りをみた。

そこで、かねてより
限定400台のインプレッサ R205を見に行きたいと思っていたので、
ディーラーに出向き原因を追求することにした。

R205concept

ところで、R205の「R」とは、ROADの「R」だという。
最良のロードゴーイングカーという想いが込められている。

「すべての局面でドライビングの歓びを感じられる」
「ただ走らせているだけで、気持ちがいい」

ありきたりだが、この思想は大いに共感する。

S401をはじめとする、
Sシリーズのコンセプトは何だったのだろうか。

「走りを強く意識したうえで所有する悦び、プレミアムな価値を実現し、
 走りに妥協しないクルマ」

端的にいえば、ともに「走りの質感」の向上がテーマといえる。
「プレミアムな価値」という意味においては、これまで同様!?限定400台。

となれば、「S」と「R」の違いを考えるのもナンセンスのように思えるが、
SUBARU、そしてSTIに底流するこの思想を支持したい。

さて、そのR205だが、ディーラーの展示車両は赤だった。

20100130969

フロントグリルの所定位置には、R205のエンブレム。

20100130966

後ろ姿も、ブラックのスポイラーにより十分凛々しく整えられていた。

20100130968

タイヤはRE070。
キャリパーは、S402同様に6potが奢られている。
カラーバリエーションは4色。

20100130974

個人的には、ボディラインが浮きたつパールホワイトが好みだが、

R205_w

購入するならば、
SpecCのサインライズイエローのほうかもしれない(笑)

Specc

ところで、肝心のS401のオイルの滴りについては、
インタークーラー直下のインテークパイプから、
それなりの量のブローバイが垂れていたものだった。

Imgp6924Imgp6922

メカニック曰く、脱着清掃とシールを行うというが、
シリコンホースの劣化も予想されるため、気持ちよく乗るためにも
後日、新品に交換することとした。

|

« 「鎌倉で内藤礼さんの作品と出会う」 | トップページ | 「レガシィS401をアライメントセッティング」 »

MODIFY LEGACY S401」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/413360/33188398

この記事へのトラックバック一覧です: 「レガシィS401再びオイル漏れ!?+R205考」:

« 「鎌倉で内藤礼さんの作品と出会う」 | トップページ | 「レガシィS401をアライメントセッティング」 »