« 「博多美人をさがせ!?」 | トップページ | 「レガシィS401春風に襲わる」 »

2010.03.15

「桜の花が咲くころ」

「三寒四温とはこのことか・・・」
そう思い知らされる日が続いていた。

しかし、この週末はうららかな陽気に恵まれた。

仕事のない休日は、愛車とともに過ごしたいものであるが、
出張が続いていたため、家族サービスに邁進せざるをえない。

公園を娘と散歩していると、
ふと早咲きの「桜」が咲いているのに気付いた。

Rimg0021

気象庁は今年から桜の開花予想をやめてしまった。
そのため日本気象協会など、民間からの予想がたよりとなる。

ちなみに、東京の開花予想は3月23日
今年の桜は、全国的に平年より早く咲く所が多いらしい。

先週末訪れた福岡ではすでに開花が宣言された。
観測史上2番目の早さという。

それにしても、
人はなぜ、これまどまでに「桜」を気にするのだろうか。
昔から、桜を愛でる心が、多くの歌を残している。

ひさかたの光のどけき春の日にしづ心なく花の散るらむ
(紀友則)

Rimg0004

いにしへの奈良の都の八重桜けふ九重に匂ひぬるかな
 (伊勢大輔)

そして、桃の蕾(つぼみ)もほころぶ。

Rimg0013

Rimg0005

季節感を感じる心は、今も昔も変わりない。

そして、
この先、子供達が生きる未来もそうであって欲しいと願う。

Rimg0020

|

« 「博多美人をさがせ!?」 | トップページ | 「レガシィS401春風に襲わる」 »

DIARY」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/413360/33775286

この記事へのトラックバック一覧です: 「桜の花が咲くころ」:

« 「博多美人をさがせ!?」 | トップページ | 「レガシィS401春風に襲わる」 »