« 「レガシィS401のバッテリー考」 | トップページ | 「ニューマシンの導入」 »

2010.03.31

「レガシィS401の代車はBP」

今朝は、霜が降りていた。

昨日は、うっすらと雪も舞っていた。
3月もまもなく終わろうかというのに、真冬にもどった感がある。

さて、
修理見積りに出したレガシィS401の代車は、
オリックスレンタカーからやってきたようだ。

先代レガシィワゴン(BP)2.0NA、後期D型である。

4速のATだが、思った以上にいい走りをする。
足回りとパワーのバランスがよくとれていて乗りやすい。
車両重量も1300kgほどで、回頭性も悪くない。

こんな車は、MTで運転してみたくなる。

Bp_d

今時分、4500km程度しか走行していないところをみると、
不人気車が残って、レンタカーに回ったのではないかとも想像される。

実のところ、
「代車にGRBとかはないんでしょうか!?」ときいてみたのだが、
「このご時世、そんな代車はありませんよ!」と、一蹴された(苦笑)

確かに、ターボは燃費が悪いし、MTは代車やレンタカー向きとは言い難い。
需要が極めて少ないことは想像に難くない。

しかし、である。
SUBARUディーラーでは、他のメーカーと比してMTの人気が高いのを
忘れていけない。当然、MTユーザーを見捨てたりはしないだろうが、
できれば、是非、代車にもMTのターボを用意して欲しいものだ。

そういえば、
ディーラーに相談に出かけた折に、懐かしい車が展示されていた。

Imp_22b

まぎれもなく、当時400台が瞬時に完売したという、
あのインプレッサ22B−STiバージョンである。

Imp_22b_3

STIによるワークスチューニングがほどこされた、
Sシリーズを表象する車だ。
だれかの所有車なのか、随所に傷や汚れがある。
保存車両ではなさそうだった。

Imp_22b_2

ところで、
レガシィS401の修理見積りには時間を要するそうだ。

特にルーフの傷は深刻で、リブの真上にきているような傷は
デントが困難とのことで、最悪の場合はルーフのお取り替えも
想定されるとのこと。

ルーフやピラーを切断するとなれば、もれなく事故車扱いとなる。
出来る限りそうならない事を祈るしかない。

結果は、後日、あらためて報告することとしたい。

|

« 「レガシィS401のバッテリー考」 | トップページ | 「ニューマシンの導入」 »

MODIFY LEGACY S401」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/413360/34010773

この記事へのトラックバック一覧です: 「レガシィS401の代車はBP」:

« 「レガシィS401のバッテリー考」 | トップページ | 「ニューマシンの導入」 »