« 「古都の桜に想うもの」 | トップページ | 「ゆるやかな時間のなかで」 »

2010.04.26

「開府400年の名古屋」

先週、
京都で友人と別れた後は、最終の名古屋行きの新幹線に乗った。

翌日も快晴。汗ばむ陽気。

宿を、名古屋の繁華街、栄(さかえ)のほど近く、伏見にとった。
少し外れた伏見あたりは、意外とバリューなビジネスホテルが多い。
栄までは、徒歩で10〜15分といったところだ。

栄には、有名デパートやオフィスが集う。
「名は体を表す」とはまさにこのこと。

Rimg0089_2

ホテルのモーニングサービスをいただいた後は、やはり散歩に出る。
歩く事によって、自らの感性に街のイメージはりつけていく。

まず、
「オアシス21」に登り街並を俯瞰。
ビルの4階ほどの高さはあろうか。さながら、空中水園といった趣き。

Rimg0083Rimg0086

このんなものを、よくも繁華街に置いたものだ。全くスバラシイ!!

名古屋放送塔も近くに見える。

Rimg0081

そして、
久屋大通に並列するセントラルパークを名古屋城まで歩くことにした。
地下鉄の駅にして2駅程度の距離。

Rimg0092Rimg0090

迷う理由も見当たらないほど、まっすぐな道が続ていた。
新緑の街路樹が美しい。

セントラルブリッジと噴水。

Rimg0093Rimg0095

名古屋市は、ロサンゼル市と1959年に姉妹都市となっている。

セントラルブリッジ上から。名古屋駅からまっすぐ伸びる桜通。

Rimg0094

休日の朝とあって、まだ交通量は少ない。
さらに歩く。気がつけば、先ほど見た放送塔が小さくなっていた。

Rimg0101

まもなく、名古屋城のある名城公園に近づく。

東門から二の丸公園の脇を経て、天守閣を目指す。

名古屋城といえば、まずは金鯱。本物の金箔が貼られていたため、
その数枚が盗難にあったというハナシは有名。

この日も、春陽を受けて輝いていた。

Rimg0122

名古屋城は、
安土桃山時代の名将、織田信長が生まれたという那古野城の跡地に、
徳川家康が天下普請のためと西国諸大名に号令し築城させた。

Rimg0121

明治維新まで、徳川御三家の筆頭、尾張徳川家の居城とされたが、
1945年(昭和20年)の名古屋大空襲のときに、
焼夷弾の直撃を受けて焼け落ちてしまった。

この天守閣は、1959年(昭和34年)に再建されたものだ。

Rimg0105

現在、
本丸の再建が着手されており、その復元作業現場を見学することもできる。
完成は2018年(平成30年)の予定とか。

城の内部は、
名古屋城の歴史を中心に、安土桃山、戦国時代の資料が多く展示されている。
当時の生活様式や美術品も展示されている。

Rimg0118

紅白梅図屏風(清野一幸 /狩野探幽の弟尚信の門人)

天守閣の5階展望室からの眺め。
さらに、放送塔が遠く見える。

Rimg0114Rimg0115

昔の殿様は、この眺めに何を思ったのだろうか。

Rimg0123

石垣は加藤清正を中心に積み上げられた。
一部の石には、清政のサインが入っている。

Rimg0126

400年前というと、1610年。
「関ヶ原の戦い」から10年後という計算になる。

ゆるやかな時の流れも、振り返れば早い。
それを歴史という。
戻らぬ時「今、ここ」を大切にしたいと思った。

|

« 「古都の桜に想うもの」 | トップページ | 「ゆるやかな時間のなかで」 »

DIARY」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/413360/34372548

この記事へのトラックバック一覧です: 「開府400年の名古屋」:

« 「古都の桜に想うもの」 | トップページ | 「ゆるやかな時間のなかで」 »