« 「エコスポーツVW POLO1.2TSIに乗る」 | トップページ | 「レガシィS401の帰還」 »

2010.06.27

「環世界と時間について」

「環世界」(かんせかい)という言葉をご存知だろうか。

ドイツの生物学者ヤーコプ・ヨハン・ユクスキュルとが提唱した、
生物学のひとつの概念だ。

環世界」= Umveit(ウムベルト)

動物行動学の日高敏隆先生の著書にも登場する。

+++++++++++++
すべての動物はそれぞれに特有の知覚世界をもって生きている。
時間や空間もそれぞれの動物にとって異なった時間・空間として知覚されている。

動物の行動はそれぞれの動物で異なる知覚と作用の結果であり、
それぞれに動物に特有のものとなっている。
+++++++++++++

たとえば、ある動物において
実際には存在しなくても、何かが世界に存在しているように見えることがある。
あるいは現実に存在するものでも、全く存在していないかのように見えるものもある。

長年多くの動物を観察してきた旭山動物園の元名誉園長の小菅正夫先生も、
野生動物について同様のことをおっしゃっている。

その本質を捉えようとしているかどうかが、生物的に異なっているということだ。

人間においては、事象の本質を捉えようとしているどうかが
その人の感性の違いとなり、それぞれの個性となっていると見ることもできる。

「環世界」という意味において、大事なことがひとつ。
時間の概念。

サルにはサルの世界観と時間の流れ、
犬には犬の世界観と時間の流れが人間同様に存在している。

人間は、それを歴史的遺伝子的な偏見によって捉えているにすぎない。

サルや犬の時間感覚においては、人間の一生と何らかわらないものを感じている
のではあるまいか。

ところで、
かつてのドッグイヤーという表現は、ITを基準にした時間の捉え方だった。
さらに時間が加速してマウスイヤーという見方もあった。

人間の時間に対する概念や価値観は、今後も加速していくのだろう。

一方、
人間という知的生物においては、時間という既成概念は、
その人の意識や感覚によって大きく伸縮するという見方もある。

ここに、クロノス時間とカイロス時間という時間概念がある。
ちなみに、クロノス、カイロスとはギリシャ神のこと。

クロノス時間とは、
機械式時計で認定されるクロノメーターのクロノと道義。
人間に平等に存在する均等な時の流れを意味する。
過去から未来へと一定速度・一定方向で機械的に流れる時間。

一方、カイロス時間とは、
人間が受ける感覚によって伸縮する時間のこと。
速度が変わったり繰り返したり逆流したり止まったりする、人間の内的な時間。
楽しい時間は早く過ぎ去るが、苦痛に感じる時間は倍以上にも感じるそれだ。

とすれば、
人間個々の時間尺度においては、意識的に時を加減速させることが可能と
考えることができる。


人は悩みや、問題事にぶつかった時
生まれながらそこに存在する、既成概念に疑問を投じてみることで、
その解決の糸口が見いだせることがある。

そして、物の見方や価値感が少しずつ変わっていくことで成長していく。



|

« 「エコスポーツVW POLO1.2TSIに乗る」 | トップページ | 「レガシィS401の帰還」 »

DIARY」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/413360/34359808

この記事へのトラックバック一覧です: 「環世界と時間について」:

« 「エコスポーツVW POLO1.2TSIに乗る」 | トップページ | 「レガシィS401の帰還」 »