« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010.09.25

「ステラRS、梃子入れを検証」

はたして、
ステラRSのA型は、今回の梃子入れによりD型に近づけたのか?

ディーラーから車検が終わったという連絡を受けたので、
ほのかな期待をもって、代車のリベスタSで向かった。

道すがら、
「このD型に乗っていたら、買い替えようと思わないかもなぁ」
ふと、そんな気持ちにさせられた。
やはり、D型は成熟しているのだ。

思えば、愛車のレガシィS401もD型であった。
C型までの前期型と比べ、D型は大きく進化していた。

主なところを挙げると、
・ヘッドライト、およびボンネット形状
・シャシーへの補強(スティフナー、パフォーマンスアームなど)
・プライマリタービン、およびインタークーラーエアダクト
・ECUをはじめとする制御ユニット(ジェックスからDENSOへ)

さすがに、体感度もそれ相応というものであった。
当時、C型からD型ベースのS401に乗り換えたとき、如実にその進化を感じた。

ところで、
車検からあがってきたステラRSは、内外装が清掃されて奇麗な状態であった。
洗車もしないで、オーナーに渡すディーラーは論外だと思っている。

車検整備における、車の問題点はとくになかった。
梃入れ工賃も含む、今回の経費は以下の通り。

<<24ヶ月法定点検>>
(部品と工賃込)
車検整備:16000円
検査/機器使用料:8000円

発煙筒交換:760円
Vベルト交換(2本):4130円
ブレーキフルード交換:3700円
ブレーキ分解・グリス:5000円

*タワーバー取付:5600円
*プーリー交換:13440円

車検代行手数料:8000円

(法定費用)
重量税:7600円
自賠責:18980円
印紙代:1100円

プーリーの交換は、バンパー等も外す時間のかかる作業らしく、ガスケット代も含め
部品代以上の出費となった。
規定トルクできっちり作業してくれたので(当然だが)、安心を買ったことにして納得した。

さて、
気になるステラRSの梃子入れの効果のほどはいかに・・・

まずは、タワーバー。

Rimg0007_2

前車プレオのときもそうであったが、正直、タワーバーは効果が大きい。
いかに、軽自動車のボディが走行時に歪んでいるかがわかる。

レガシィでは、タワーバーの装着でこれほどの効果はまず得られない。

201009181237201009181236

フロントのアッパーマウントはかなり奥まっており、上のカウルとワイパーを外さなくては
ボルト位置に工具は入れる事ができない。

フロントの取り付けは左右対称ではなく、ともにマウントの左側に台座を固定する構造。

そして、特に効果があるのはリアピラーバーのようだ。

Rimg0009Rimg0010

一見すると、車内の物干竿ともいえる(笑)

FF箱型という構造を考えれば、対角線上にある後方上部を固定する意義は大きい。
リアピラーバーの装着は、シートベルト固定ボルトに共締めするだけだが、
プラスチックの内装カバーに穴をあけなくてはならない。
もしくは、外してしまうか・・・。今回は、安い部品とと判断して穴をあけた。

そして、
小さいけど交換工賃が大きかった、ブーストアッププーリー(笑)

201009121208

走行すると、低速から加給音が聞こえるようになった。
早めに加給がかかっているのがわかる。
レスポンスがよくなり、加給がかかる中速域のトルクが向上している印象だ。

そして、もうひとつ効果が出たことあがる。
それはブレーキフィーリング。

それまで、カックンブレーキであったものが、多少リニアに改善された。
フロントタワーバーにより、制動時にタイヤがきっちりと路面をとらえることができる
ようになったからだろう。

さて、今回の梃入れによって、
間違いなくステラRS、A型の走行性能は向上したものと思われる。

これで、もうしばらくステラRS(A型)が楽しめそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.21

「ステラRS、車検で梃子入れ」

予定どおり、先週ステラRSを車検に出した。

代車は、ステラのスペシャルバージョンREVESTA(リベスタ)だった。
それもS。そして、それはD型であった。

ウチのステラRSは、初期型。すなわち、A型である。
はたしてD型への進化度はことほか大きかった。

まず、数日のドライブで気がついた点を指摘してみよう。

・トルク
 A型は、加給がかかってこそ。
 D型は、出だしのNA領域から反応がいい。

・サスペンション
 A型は、ピッチングが大。高速の段差をひろった後も収束も遅い。
 D型は、剛性が高くピッチングもロールも適度。段差の収束は早い。

・ブレーキ
 A型は、いわゆるカックンブレーキ。ストロークなのかで遊び部分が大きい。
 D型は、踏み込んだ分、リニア制動がかかる。

・シート
 A型は、横Gががかった状態でズリズリとずれる。平面で滑りやすい。
 D型(というかREVESTA)は、シート形状は同じだが、表皮が滑りにくい。

・ルームランプ
 A型は、普通のルームランプ
 D型は、サングラスケースがつき、REVESTAはオーバーヘッドコンソール。

わかってはいるものの、軽自動車にしてもそうなのだ。
A型ユーザーにとっては、あまりにも切ないテコの入れ具合といえる(笑)

車検を通して2年間乗る事を考えると、どうにも我慢ならないので、
自主的に!?以下のテコ入れを行うこととした。

「A型ユーザーの意地」ともいう。わかるヒトにわかるだろう(笑)

・タイヤ・・・剛性の高いものに換装(すでに交換済)「YOKOHAMA  Earth-1

201007251179

・フロントタワーバー・・・FFなので、ロールを抑えフロントの接地性を高める
・リアピラーバー・・・リアは、ストラットマウントより上側のほうがねじれが大きい

Rimg0019

・軽量ブーストアッププーリー・・・ブーストの掛かりをよくする

201009121208

まずは、このあたりからテコ入れして様子をみていきたいと思う。
これでも体感できるくらいの変化がでるハズだ。

取り付けは、不覚にも!?
ALLディーラーまかせ。車検と同時の「おまかせ」コースである。

年だから・・・という理由も立つが、(苦笑)
実際、フロントのタワーバーひとつとっても、脱着行程が多く時間がかかる。
費用対効果から判断した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.06

「車検前にステラのタイヤを新調」

「日本の軽自動車がすごすぎるんです!」

そう言ったのは、
先日に試乗にでかけた、VWディーラーの営業さんだった。
小型部類のPOLOへは、軽自動車からの乗り換え対象となるらしいが、
比較されると、どうにも勝ち目のない部分があるという。

確かに、軽自動車はパッケージとして非常にコンパクトにまとまってはいるが、
それは狭く速度域の低い日本の道路事情が前提となっている。

速度域が高くなるにつれ、POLOと比較することが無意味だと気づかされるはずだ。
軽自動車でアウトバーンを疾走するといった暴挙はありえない。たぶん。

「POLO GTIを楽しみにしています!」
と、そのときはお茶を濁してVWディーラーを後にしたが、
いずれにしてもステラRSの車検は今月中旬としている。

ところで、
先日、ディーラーにてステラRSの車検見積りをしていただいた際に、
「タイヤがヤバイです」とのご指摘をいただいていた。

サイドウォールに山がないことは知っていたが、センター付近はまだ溝が
残っており、大人しく運転して様子をみていたのだが、
見た目も気に入らないので、週末に思い切って交換してしまった(笑)

201007251173201007251174

とにかく、純正のファルケンのSINCERAは消しゴム如く減りが早い。
まぁ、走り方によるのだろうが。


そこで、選んだ銘柄は、男の浜ゴム!?
YOKOHAMA  Earth-1」。
走りも燃費も良くなるという謳い文句と、たいそうなネーミングに惹かれた(笑)

201007251179

サイドウォールがしっかりしているのがいいカンジだ。
走りにも、良い影響を与えるだろう。

今回はツライチにすべく5ミリのスペーサーを全てに入れてみた。

201007251177201007251176

結果、ほぼジャストで狙い通りとなった。

もう一つの狙いは、トレッドを広げたことによるコーナリング安定性の向上。

ステラRSは、ノーマルではサスペンションが比較的柔らかい。
当初それを見越してSTIのスプリングを組んだが、それでもピッチングとロールが出る。
それはペダルワークのよい練習にもなるのだが、子供がプレオに比べて
酔いやすくなったというくらい顕著に出るから困っていた。


まずはタイヤと、今後タワーバをいれて様子をみようかと検討している。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »