« 「車検前にステラのタイヤを新調」 | トップページ | 「ステラRS、梃子入れを検証」 »

2010.09.21

「ステラRS、車検で梃子入れ」

予定どおり、先週ステラRSを車検に出した。

代車は、ステラのスペシャルバージョンREVESTA(リベスタ)だった。
それもS。そして、それはD型であった。

ウチのステラRSは、初期型。すなわち、A型である。
はたしてD型への進化度はことほか大きかった。

まず、数日のドライブで気がついた点を指摘してみよう。

・トルク
 A型は、加給がかかってこそ。
 D型は、出だしのNA領域から反応がいい。

・サスペンション
 A型は、ピッチングが大。高速の段差をひろった後も収束も遅い。
 D型は、剛性が高くピッチングもロールも適度。段差の収束は早い。

・ブレーキ
 A型は、いわゆるカックンブレーキ。ストロークなのかで遊び部分が大きい。
 D型は、踏み込んだ分、リニア制動がかかる。

・シート
 A型は、横Gががかった状態でズリズリとずれる。平面で滑りやすい。
 D型(というかREVESTA)は、シート形状は同じだが、表皮が滑りにくい。

・ルームランプ
 A型は、普通のルームランプ
 D型は、サングラスケースがつき、REVESTAはオーバーヘッドコンソール。

わかってはいるものの、軽自動車にしてもそうなのだ。
A型ユーザーにとっては、あまりにも切ないテコの入れ具合といえる(笑)

車検を通して2年間乗る事を考えると、どうにも我慢ならないので、
自主的に!?以下のテコ入れを行うこととした。

「A型ユーザーの意地」ともいう。わかるヒトにわかるだろう(笑)

・タイヤ・・・剛性の高いものに換装(すでに交換済)「YOKOHAMA  Earth-1

201007251179

・フロントタワーバー・・・FFなので、ロールを抑えフロントの接地性を高める
・リアピラーバー・・・リアは、ストラットマウントより上側のほうがねじれが大きい

Rimg0019

・軽量ブーストアッププーリー・・・ブーストの掛かりをよくする

201009121208

まずは、このあたりからテコ入れして様子をみていきたいと思う。
これでも体感できるくらいの変化がでるハズだ。

取り付けは、不覚にも!?
ALLディーラーまかせ。車検と同時の「おまかせ」コースである。

年だから・・・という理由も立つが、(苦笑)
実際、フロントのタワーバーひとつとっても、脱着行程が多く時間がかかる。
費用対効果から判断した。

|

« 「車検前にステラのタイヤを新調」 | トップページ | 「ステラRS、梃子入れを検証」 »

CAR LIFE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/413360/36826818

この記事へのトラックバック一覧です: 「ステラRS、車検で梃子入れ」:

« 「車検前にステラのタイヤを新調」 | トップページ | 「ステラRS、梃子入れを検証」 »