« 「上高地の大自然に挑む」 | トップページ | 「レガシィS401冬のモデファイ」 »

2010.10.30

「小さきもの」

「小さき者へ」
という有島武郎の作品がある。

妻を失ってしまった作家が、隣で寝ている三人の子供に向けて
手紙を綴っているような文章だ。

学生のころ読んだことのあるこの文章も、
子供をもって、今あらためて読み直していみるとやけに沁みる。

私が好きな、最後の部分を引用してみよう。

****最後を引用****
小さき者よ。
不幸なそして同時に幸福なお前たちの父と母との祝福を胸にしめて人の世の旅に登れ。前途は遠い。そして暗い。
然し恐れてはならぬ。恐れない者の前に道は開ける。
行け。勇んで。小さき者よ。
*************

有島武郎の現代人には鼻につきそうな表現も、私は嫌いではない。
「平凡人の手紙」や「生まれ出づる悩み」にみられる、
まわりくどいとさえ思われる擬人法や描写も深夜のコーヒーに合う。

ちなみに、「小さき者へ」は大正七年に発表されている。
これらは青空文庫にも入っているので、ぜひ読んでみるといい。

ところで、
もうひとつ気になる「小さきもの」がある。
先日発表された11.6インチのMacbookAirだ。

AppleStoreで、実際に触ってみたが確かに13.3インチより一回り小さい。

Macbookair1113

<11.6インチMacbookAir スペック>

プロセッサ:1.4GHz Core 2 Duo (オプションで1.6GHz)。
メモリ:オンボード2GB、最大4GB。
ストレージ:64GBまたは128GB SSD。
厚さ:3mm ~ 17mm。
重さ:1.06kg。 ディスプレイ:1366 x 768。


Macbookair116

実際に持ち比べてみると、個人的には見た目ほど大きな差異は感じられない。
ただ、カバン等にいれたときの納まりが違うと思われる。

現在所有している13.3MacbookProは、ドライブを使用する機会があまりないので、
少々気になっている(笑)
しかし、ドライブは外出したときに映画もみられるので捨てがたい。
(あ、外付け分離方式もあるか!)

そして、さらにもうひとつ。
昨日、「小さきもの」を購入した。

最新型のiPod nanoだ。カラーはグラフィアト。
8Gモデルだが、アーカイビングしながらもち歩くわけではないので十分。

Rimg0003 Rimg0004

そのものも小さいが、パッケージの小ささに驚かされる。
さながら、指輪ケースのような大きさ。

Rimg0012 Rimg0007


これで、我が家のiPodは、全部で4機となった。

「なにもなにも ちいさきものわ みなうつくし」

(枕草子 146段)

|

« 「上高地の大自然に挑む」 | トップページ | 「レガシィS401冬のモデファイ」 »

Macintosh」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/413360/37451116

この記事へのトラックバック一覧です: 「小さきもの」:

« 「上高地の大自然に挑む」 | トップページ | 「レガシィS401冬のモデファイ」 »