« 「ステラRS、梃子入れを検証」 | トップページ | 「上高地の大自然に挑む」 »

2010.10.03

「アウトドアのための腕時計」

ここ最近の休日は、高尾山に行ったり清里高原を歩いたりなど、
アウトドアの機会が増えてきた。
すると、そんなシーンで活躍してくれる新しい時計が欲しくなる。

普段は、ブライトリングの機械式時計を愛用してるのだが、
山や高原を歩いていると、標高や東西南北、気圧の変化が気になる。
また、そんな情報を確認しながら、自然を探索するのもおもしろい。

これまでは、
気圧計と高度計を搭載したカシオG-SHOCK DW6500愛用してきた。
Rimg0009

機能:気圧/高度/水深計(左突出部がセンサー)ストップウォッチ/
    マルチアラーム/カレンダー/LEDライト/20気圧防水 

気がつけば、10以上年前、独身の頃に購入したものであり(笑)、
最近では、液晶面の焼きつきが出て、数値が読みにくくなってきていた。

そこで、同様の機能を備えるデジタル腕時計を購入することにした。

堅牢なカシオのPRO TRECKシリーズとも悩んだが、
今回は、デザインが好みのSUUNTOのアウトドアシリーズVECTORにした。


SUUNTOは、フィンランドのアウトドアスポーツ機器メーカー。
昔は、軍用計測機器なども作っていた老舗。
なかでも、このVECTORシリーズは古くからある定番モデルである。

Rimg0001

機能:気圧/高度/温度/デジタルコンパス/ストップウォッチ&タイマー/
    アラーム/ELバックライト/3気圧防水

カラーは、ライムグリーンをセレクト。

Rimg0005


少し前に購入したお気に入りのトレッキングシューズの
MERRELLカメレオンⅡストームと同色系にしている(笑)

Rimg0013

ちなみに、このカメレオンⅡストームは、夏にブラックを購入している。

Rimg0032

大変使いやすく、自分の足に合っていたので買い増ししてしまった。
タウンユースにブラック。
トレッキングにグリーンと分けて使っている。

来週は、2回のトレッキングが予定されているので活躍してくれるだろう。

|

« 「ステラRS、梃子入れを検証」 | トップページ | 「上高地の大自然に挑む」 »

WATCH LIFE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/413360/37054185

この記事へのトラックバック一覧です: 「アウトドアのための腕時計」:

« 「ステラRS、梃子入れを検証」 | トップページ | 「上高地の大自然に挑む」 »