« 「レガシィS401と富士山とほうとう2010」 | トップページ | 「新車には鳩のマーク!」 »

2010.12.12

「レガシィS401の剛性パーツバランス」

先日、スロットルの脱着を行ったが、
当然インタークーラーやタワーバーも脱着しなくてはならなかった。
その折、
現在装着しているレガシィS401の剛性アップパーツのバランスついて考えた。

レガシィS401には、オーバル形状のSTI製ストラットタワーバーが標準装着されている。

Dsc00020
(ノーマル時のレガシィS401エンジンルーム:STI製タワーバー装着)


Imgp6555Imgp6556

購入した状態(ノーマル)からタワーバーが装着されていたのは
CR-X(Honda)を購入したとき以来であった。

ちなみにタワーバーの装着目的は、エンジンルームのオシャレ・・・ではなくて、
端的にいえば、ボディ剛性を高めることで、ボディの捻れやゆがみを押さえ込み、
サスペンションの本来の働き引き出そうとするもの。


レガシィS401のベースモデルとなる、BE後期D型RSKにおいては、
サブフレームとボディを連結するサイドパフォーマンスアームや、
フロントのロアアームと中央部を連結するクロスパフォーマンスロッドによって
基本的な足回りの剛性アップがはかられている。

これらは、前期型に比して安定性や操縦性が向上されているわけだが、
レガシィS401ではSTIのチューニングにより、フルピロのラテラルリンク等
が追加され、さらに機動性を磨き上げている。
ビルシュタインのサスペンションもこれらをふまえて特性が与えられている。

剛性パーツを追加するうえで必ず意識しなければならないことは、
このSTIによってチューニングされた最適なバランスを崩してしまうことだろう。

そこには、それなりの目的意識と勇気が要る。

Prova_4
(Prova製タワーバー装着)

現在装着しているProva製タワーバーへの換装については、
以下のパーツとのバランスを考慮している。

フロント:スーパー筋金くん(マルシェ製)
リ  ア:リアフレームエンドバー(LILE製)

Be_sujibaneRimg0037
(参考:スーパー筋金くん)              (リアフレームエンドバー)


較的フロントを強化しているのは、レガシィS401のフロントに入っているシュアトラック

(トルク感応型LSD)を有効に効かせる目的もある。
ただ、フロントは加重移動のきっかけを作るためにも動きはあまり固くしたくない。

現在は、eifelサスペンション減衰力設定をあえてフロント「4」、リアは「5」としている。
この辺は、ドライバーの乗り方と好みにもよるだろう。

Dsc00079_2Dsc00082
 (eifelサスペンション:Prova製)


レガシィS401の特性と、これらのパーツ全てのバランスによって、
立ち上がりから早めに踏み込めるように調整した。
最終的にはアライメントでも調整して、アクセルオンで安定した弱アンダーとしている

ちなみに、Prova製タワーバーは前期ABC型と後期D型では、
ブラケットの高さが異なるので注意が必要だ。
D型ではマイナーチェンジ後のブラケットで、10mm高いものが適合している。

このマイナーチェンジにより、センサーブラケットとリサキュレーションバルブ
リターンホースとのクリアランスを確保しているようだ。

Imgp6510Imgp6509

ちなみに、このProva製タワーバーはかなりタイトな構造となっているため、
装着は以下の手順で確実に取り付けたほうがよいだろう。

最後に簡単にまとめておきたい。

(1)片側のステーをボディに仮止めする。(ストラット部のナットは掛けるだけ)
(2)仮組みしていない方のブラケットにバーを仮組みする。
(3)バーをボディに仮組みしているブラケットに合わせながら、ブラケットをボディ側にのせ
 ストラット部のナットを仮締めする。(ストラット部のナットは掛けるだけ)
 この時、取付部のボルト、ナットはすべて仮締めの状態(かなりゆるい状態)
(4)バーとブラケットが連結されていない部分を連結しボルトを通す。
   バーとブラケットが連結されたら、先にステーを締付ける。
(5)各部を規定トルクで締付ければ完成。

 

|

« 「レガシィS401と富士山とほうとう2010」 | トップページ | 「新車には鳩のマーク!」 »

MODIFY LEGACY S401」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/413360/37807170

この記事へのトラックバック一覧です: 「レガシィS401の剛性パーツバランス」:

« 「レガシィS401と富士山とほうとう2010」 | トップページ | 「新車には鳩のマーク!」 »