« 「レガシィS401冬のモデファイ」 | トップページ | 「レガシィS401の剛性パーツバランス」 »

2010.12.06

「レガシィS401と富士山とほうとう2010」

毎年、12月のはじめ頃になると、
10年来の仲間と山梨県河口湖方面へとツーリングに出かけている。
もちろん、昨年も出かけた。

山梨名物の「ほうとう」を食べにいこうということから、
「ほみみツーリング」などとと呼んでいる。
今回も早朝4時半に起き、目指す峠へと車を走らせた。

Dsc00927

今年は路面に凍結はなかった。
昨年は一部で凍結していてGT−Rが横転していたのを思い出す。

空は青く晴れて、気温は3度。
外気はことごとく澄み渡り、
富士山の稜線を力図よく見せてくれていた。

Dsc00932_2

山中湖側から見る富士は、シンメトリーな美しさを讃えている。
夕刻には、神々しい「逆さ富士」が映し出されるのだろうか。

この「ほみみツーリング」は、今年で8回を数える。
以前から付き合いのある仲間にも「時」は平等に流れているようで、
子供が大きくなるものもいれば、結婚したものもいる。

Dsc00934

新たな環境や趣味、ライフスタイルに応じて車への価値観が変化していくのは
至極自然な流れであるが、
そこれを越えた関係こそがこの集いの「魅力」ともいえる。

今年は、これからの健康のためにも!?
湖や富士山が美しく見えるという丘へショートトレッキングを皆で行った。

Rimg0002Rimg0001

斜度も少ない家族向けの約8キロのハイキングコースであったが、
ところどころで、霜と水たまり、ぬかるみが行く手を阻んでいた。

Rimg0005Rimg0018

移ろう「時」の充実こそが、人生の本質であって、
いつかは主体であった車も、時としてその演出手段にすぎないのかもしれない。
ただ…

Rimg0023

それを失ってしまったら味気ないのだ。

「戻らぬ時を大切に」

私が、河口湖の小学校から東京へ転校するときに
友人が寄せ書きに書いてくれたことば。

いま人にそう伝えながら、自分に言い聞かせている私が存る。

Rimg0031

|

« 「レガシィS401冬のモデファイ」 | トップページ | 「レガシィS401の剛性パーツバランス」 »

CAR LIFE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/413360/37972905

この記事へのトラックバック一覧です: 「レガシィS401と富士山とほうとう2010」:

« 「レガシィS401冬のモデファイ」 | トップページ | 「レガシィS401の剛性パーツバランス」 »