« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011.01.26

「ボクサーサウンドは捨てられるか?」

ボクサーサウンド、いわゆるスバルサウンドといえば、
一体どんな音を思い起こすだろうか。

おそらく、それは年代よって異なるのではないだろうか。

現行レガシィの排気音は、直列4気筒エンジンのそれに近い。
等長タイプのエキゾーストマニホールドを採用によって生まれた音。

しかし、数年までは単気筒エンジンのオートバイよろしく
「ボロボロ、ドコドコ」
といった存在感ある音を奏でていたのは周知の通りだ。
この音は、不等長のエキマニによる排気干渉によって生じている。

しかし、ある時、スバルはスバル車の象徴ともいうべき
この音を捨て去る決意をした。

レガシィでは、4代目BP・BLのA型(2003年春)から
全車で等長タイプのエキマニを採用している。
インプレッサでは2代目GD・GGのC型(2002年秋)以降、
フォレスターは、SG後期からNAが等長に変更されている(ターボ系は不等長)。

ちなみに、等長タイプのエキマニの歴史は意外と古く、
1966年に発売されたスバル1000の前期モデルに採用された経緯がある。
が、後期モデルからは不等長タイプが採用され、あのスバルサウンドが生まれた。

①では、なぜ等長タイプをやめたのだろうか!?
 等長エキマニの製造はコストがかかるというのが大きな理由という。
 水平に寝た左右のバンクからオイルパンを巻くまでの長さを同じにするのは
 かなりの技術力が必要とされる。

②そして、なぜ後に再び等長タイプを採用したのか?
 排気干渉を低減させ、効率的な排気を実現することよって享受される
 低速トルクと燃費の向上は、コストをかけても要請される時代となったから。


さて、
レガシィS401においても、3代目レガシィBEBH型RSKの後期D型がベース
となっているため、例外なくドコドコ音を奏でている。
今回、
エキマニの換装によりこのドコドコ音を、思い切って捨て去る決意を固めた。

当然ながら、この排気状態においてECUも専用チューニングが施されているため、
エキマニの換装は、STIの考えるレガシィS401のバランスをさらに崩すこととなる。

となれば、
自分の考える性能と走りをレガシィS401の延長線上に求めていくしかない。

Rimg0032 Rimg0039
(S401エキゾーストマニホールド)          (同 左右の遮熱板を外した状態)


その手法はいくつか存在し、それぞれにメリット、デメリットがある。

常時ツインターボ化
 ①CTS方式・・・CTS常時ツィンターボキット
 ②PRS方式・・・Refl-ex パラツインキット
 ③syms方式・・・常時ツインターボシステム(EXマニ)

シーケンシャルターボ維持
 ④麦エンジニアリング式・・・麦製エキゾーストマニホールド(麦マニ)

ちなみに、
ドコドコ音を消すのみなら、エンジンルーム内の配管変更で可能。
セカンダリ側の吸気制御バルブ、排気制御バルブを解放すると、
常にセカンダリ側にも排圧がかかるようになりドコドコ音は消失する。


私の選択した方式については、次回に譲ることにしよう。
  

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011.01.21

「初乗りにして初ゴケ!?」

「購入したロードバイクを使わないともったいないだろう・・・。」
と大いに反省し!?
先日、ようやく寒空の下に少々乗り出してみた。

暗くなり始めていたので、事前に購入していたこのライトを装着してみた。

Dsc01035
(knog製  BOOMER &  STROBE

BOOMERは、明るいうえに乾電池(単4)が使用できる。
街灯が少ないような暗い道で活躍してくれるフロントライト。
STOROBEは、点滅することで、夕暮れ以降に存在をアピールしてくれる。

ともに、シリコンボディを車体に巻き付けて装着するタイプ。
今回は、街灯が多い場所なのでSTOROBEを前後に装着した。

Dsc01038 Dsc01037

さて、走行は家の周りから10キロばかり乗っただけだが、
慣れない乗りものには、やはり疲れる・・・というのが正直なところ。

そこで理由を考えた。

①慣れないドロップハンドルによるポジションがツライ。
  ブラケットを握っていても(汗)

②車道を走ることに慣れないので緊張する。

③SPDシューズのビンディング脱着が慣れないのでぎこちない。

④ウィンドブレーカーを着ても、夜は予想以上に寒い。

というこで、
昼間にきちんと練習して慣れないと、夜なんて走れるものではない
ということだろう。

さて、自宅が見えてきた頃だった。

安心すると人は油断する。
左折しようとしたとき、その道から車が飛び出してきた。
これを避けようと、クイックに曲がろうとステアしたら、
フロントタイヤを縁石にひっかけてしまった。

みごと、転倒!

ママチャリなら、問題なくできる動きが、ロードではできない。

受け身を、まさかこんな場面で使うとは。。。
ロードバイクは幸いにもほんのカスリ傷であった。

しかし、身が引き締まる初乗りとなってしまった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.10

「ロードバイクで走る前に ②」

「せりなずな  ごぎょうはこべら  ほとけのざ               
                      すずなすずしろ  これぞ七草」(短歌)

「七草粥」は、年のはじめにこの若菜を摘み、自然界から新しい生命力をいただく
「若草摘み」という日本古来の風習と結びついている。

1月7日にこの七草を入れた粥を食べるとその年が無病息災でいられるという。
毎年、我家でもいただいているが、この七草粥いただくと正月気分も終わりとなる。

Rimg0024


さて、
「正月休みには、購入したロードバイクを走らせてみたい。」
そう思って年末にヘルメット、グローブ、シューズなどを揃えたが、
きちんと走るためには、さらに備品を揃える必要があった。

ロードバイクではかなり遠距離まで出かけることが可能な反面、
パンクや故障をしたら帰って来れなくなってしまう危険性がある。
何はさておき、パンク修理に備えておかなくてはならない。

ママチャリと違い、ロードバイクではインナーチューブをまるごと交換してしまう。
というわけで、交換用の予備チューブとタイヤレバーを購入。

Dsc01182 Dsc00953
SCHWALBE 交換用チューブ)                     (SCHWALBE タイヤレバー

このSCHWALBE(シュワルベ)は、創業は1901年の古いドイツのタイヤメーカー。
ヨーロッパ全土からアメリカなどへ広い世界シェアを持っている。

チューブは、安心の日本メーカー、Panaracer製にしようと思っていたのだが、
セットで安かったのでまとめて買ってしまった(笑)

そして次は、ポンプ(空気入れ)。
チューブを変えても、これがなくては意味がない。小型ポンプも必需品なのだ。
携帯性と緊急時の使用ということを考え、これにしてみた。

Dsc00963 Alt
        (Topeak マイクロロケット ALT)

T字ハンドルが高圧時にも押し込みやすい。
カタログ上では、160psi(11bar)まで入ると謳われているが、さて・・・。

小型にしたのは、できればバックポケットに入れたいという狙いもある。
実はフレームに固定するとcinelliロゴが隠れてしまうからだ(笑)

通常、ロードバイクのタイヤは7〜8.5barくらいで調整する。
それをしっかり管理するためには、さらにメーター付きのポンプも必須となる。
なかなか、一筋縄では備品揃は終わらない。

Dsc00959 Dsc00960
(Topeak ジョーブロースポーツⅡ)

これは、黄色いボディが決め手となった(笑)。とにかく格好いいのだ。
もちろん、こちらも最大160psi(11bar)まで入れられるのは最低条件だ。


そして、アーレンキー(Allen Key)。
なんとも誤解しやすい名前だが、六角レンチといったほうが解りやすいだろうか。
自動車工具としては、単に「ヘキサ(レンチ)」などと呼ぶこともあるが、
自転車業界では「アーレンキー」である。

今回、六角棒レンチは、沢山もっているので違うタイプを購入してみた。

Dsc00947 Dsc01186
Topeak ツールバー

交換式で首振りタイプなのはよいが、ラチェット式になっているとなおよかった。


となれば、これらを収める自転車バッグも必要だ。
大きいものは格好よくないと、基準はここでもやはり見た目である(笑)
ほぼジャストサイズの小型バッグを選んでみた。

サドルの真下に取り付ける。

Dsc01185_2
(Shimano PRO PR10016S)シルバーカーボン柄 0.5L


最後に、
これらの道具を揃えても、使用者が修理できなければ意味がない。
ということで、パンク修理に備えてチューブの脱着を練習した。

Dsc00954 Dsc00956

タイヤレバーを挟むのに少し手こずったが、あとは順調であった。

注意すべきは、組む時にリムにチューブを挟まないように確認するくらいか。
実際に初心者の私でも、1回で脱着ができた。


おっと、お出かけするならコレもわすれてはいけない。

Dsc00992
(Proloop Double Loop Lock

ワイヤーロック。目立つ赤を選んだ。
フレームとホイールを同時に地球ロック可能な2メーター。


さて、
これで少しは乗り出すことができそうだが、正月気分は終わっても寒さに勝てそうもない。
もうしばらく備品の研究は続きそうだ・・・(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.06

「2011年。私の目線。」

新年明けましておめでとうございます。

Izumi2011_brog

今年は、兎年。
あやかって!?飛躍の年にしたいと思っている方も多いのではないだろうか。

実は、私もその一人である(笑)
その意味では、目標はを掲げておくことが良いらしい。

『これからもドライビングスキルと知識の向上を心がけよう。』
 ペダル操作にしても、シフトチェンジにしても、メカ内部の状態がイメージでき、
 かつ自分が運転する車の挙動が常に俯瞰できるよう心がけたい。
 これは、日常、車に乗りながら意識するかしないかで大きく変わる。

『体力を維持すべく、いや向上させるべく自転車に乗ろう。』
 如実に体力の衰えを感じはじめた今日この頃。このままではいけない・・・と思いつつも
 なかなか行動に移せないのが人の弱さ。 そんなときは動機がづけが必要だ。
 楽しく、できたら格好よく自転車(ロードバイク)で体力作りにトライしたい。
 

『読まなかった名作を、できるだけ読もう。』
 学生時代、部活などに熱中するあまり名作を読んでこなかったことを少々後悔する。
 いや、その気にさなれば読んでいただろうが、そういう思考が足りなかった。
 趣味や仕事のハウツー本もいいが、文学作品にふれる機会を増やしていこう。

『一期一会。小さな出会いも大切にしよう。』
 「出会い」は偶然なのか、必然なのか。はたしてその両方ではないだろうか。 
 大切な出会いに気付くことができるかどうか、 ということがきわめて重要だと思う。
 目の前を白馬の王子さまが通過しても気付くことができなければ、いないも同然なのだ(笑)


『旅に出て、本物を感じよう。』
 感性は磨いてこそ光るもの。そのためには、自身で感じることが大切だ。
 作家の白洲正子さんも、自分で見たものしか信じない現場主義の方だった。
 見習って私も昨年は京都を沢山歩いた。そして感じた。
 今年は京都に加え、熊野古道を歩いてみたい。行ってみたい神社があるのだ。

人生もドライビングと同様、アイポイント、目線の持っていき方が大事。
そんな意味で、今年の私が目指す方向を掲げてみた。

皆さんの目線はどこに向いているのだろうか。

Dsc01007
(我家から見える黄昏時の富士:中央)

本年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »