« 「続・ボクサーサウンドは捨てられるか?」 | トップページ | 「早春の山へ」 »

2011.03.12

「大規模地震災害に思う」

過去最大の甚大な地震被害をもたらした東北地方太平洋沖地震は
現在もなお余震が続き、人々に不安と恐怖を与えています。

私は、最初の地震時に東京都内の会社にいました。
下からドンっと突き上げるような地響きを感じた瞬間、
激しい横揺れに襲われました。

事務机の下に隠れようと身をかがめましたが、
幸いにも書類が崩れ落ちるくらいで、テレビが倒れ落ちるといった
ようなことはありませんでした。

家の様子が気になりすぐに携帯電話から連絡をとりましたが、
一切通じませんでした。
回線はハングアップしても、携帯メールが可能であったため、
メールで連絡をとることにしました。

地震のとき、家では子供がひとりで留守番をしていました。

食器棚からは、沢山のお皿や湯飲みが落ちて割れました。
iPadもふっとんで落ちたのですが、運よくソファの上だったようで助かりました。

子供は、テーブルの下に入って恐怖に耐えていました。
その後、固定電話からお母さんの携帯にかけるも繫がらないため
祖父の家の固定電話に連絡して、助けを呼んだとのこと。
そのあと、すぐに家内が家に駆けつけていますが危険な状況でした。

会社では、常時テレビ番組がモニターされているので情報は早いほうでした。
なかでも、ライブで見ていた津波の映像は驚愕と言わざるをえません。
まるで映画のCGを見ているかのように、波が人家を飲み込み、
動いている車を飲み込んでいく様子がライブに映し出されていました。

このとき私は、会社でテレビをみながら、ラジオを聴いて、
そして同時に災害WEB関連をチェックしていました。
そのなかで、情報がもっともリアルで速かったのはTwitterです。
やはりネット環境があることが前提ですが、
Ustreamやニコ動でも、NHKの報道をリアルに流しています。

災害時は、いかに早く情報を入手するかが極めて重要と思われます。
場合によっては生死を分ける結果に繫がりかねません。
また同時に、家庭内で確実に連絡を取り合える手段、待ち合わせ場所
などを事前に決めておくことも大事だと思いました。

さて、都内も余震が続き、
家のことも心配だったので、都内から家に帰る方法を模索しました。
しかし、都内の道は人々であふれ、車は渋滞して全く動きませんでした。
電車は動いていないため、バスは寿司詰め、タクシーもフル乗車という状態です。

結論、都内から家まで歩くことにしました。
Googleマップ等で調べると、距離はおよそ30キロ。
道は車でも走ったことがあるので、どうにかなるだろうと決断しました。

まず、コンビニで、歩きながら食べるためと、非常食として
携帯シルアルバー2本とアクエリアスを購入。
鞄を背負い30キロ先の自宅を目指しました。

歩道は、都内から歩いて帰宅しようとする人々であふれていました。
早歩きですり抜けながら、時に小走りで急ぎました。
疲れきり、家に到着したのは4時間後のことでした。

テレビでは、夜になっても続く余震と、二次災害いよる火事などが
引き続き報じられていました。

現在もきびしい状況が続く被災地の方々を思うと、胸が痛むばかりです。
できるだけ多くの人の命が助かるとともに、
これ以上被害が拡大しないことを心から祈ります。

被災地の皆さん
希望を捨てないでください。
災害に負けない、強い気持ちを持ち続けてください。
どうか・・・

|

« 「続・ボクサーサウンドは捨てられるか?」 | トップページ | 「早春の山へ」 »

DIARY」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/413360/39202202

この記事へのトラックバック一覧です: 「大規模地震災害に思う」:

« 「続・ボクサーサウンドは捨てられるか?」 | トップページ | 「早春の山へ」 »