« 「京都の夏祭りに想う」 | トップページ | 「屋久島が教えてくれたもの〜前編」 »

2011.09.10

「続々 ・ ボクサーサウンドは捨てられるか?」

(忙しさにかまけ、すっかり忘れていたテーマの続々編)


今年(2011年)の2月号の「cartopia」に、こんなタイトルの記事が載っていた。
「エキゾーストパイプ・フロント(EPF) 
 エンジンの性格を決めるパイプのフォルム」

Rimg0021

それによると、
スバルの定義する排気管とは、ボディの中央を境にして
前後にわけられるという。

前部=EPF(エキゾーストパイプ・フロント)
後部=EPR(エキゾーストパイプ・リヤ)

そして興味深いことには、
エンジン側のEPFはエンジン設計部が、排ガスの浄化機能も含め担当。
EPRは、ボディ設計部が担当するという。

排気管は、車の動力性能に加え、環境性能や燃費効率を左右する重要な
パーツであり、それによって車の性格が決まるといっても過言ではない。
開発の役割が細分化されているのも頷ける。



さて、この記事が出たころ、
レガシィS401は、麦エンジニアリング製のエキゾーストマホールドに換装した。
その後は、大きなトラブルや放熱による問題も一切起きていない。
そして、仕事のストレスも吹き飛ばしてくれるような爽快感が、今でも心地よい。

今回は、そのエキマニ(レガシィ第3世代)について形状と性能を考察する。
現在では、少し古い内容となるため、記録的な意味も含め読んでいただきたい。


まずはレガシィS401の純正エキマニ。

Rimg0032Rimg0036

基本的にベースのD型と同じ鋳物であり、約12kgと当然ながら重い。
また、S401だからといって特別な加工は一切施されていない。

純正のエキマニが採用している形状では、
エンジンの排気ポート出口ですぐに2つのシリンダーからの排気をまとめている。

社外品の多くもこの純正形状を採用するが、排気ポート出口ではまとめず、
タービンへつながる直前まで配管を伸ばして、その長さを等長に近づけようとしている。


そして、社外品のFLATT製のエキマニ。
Cタイプに乗っていたときに装着していたものだ。

Dsc00047Dsc00045

このFLATT製のエキマニは初期タイプ。
後期タイプには、センター部分がフレキシブルジョイントに変更されている。

ステンレス素材(SUS304)の熱膨張により、接合(溶接)部分にクラックが
入りやすいのがその理由だ。
しかし、重量は鋳物に比べ圧倒的に軽く、コーナリング時の回頭性も向上する。

Prova、湾岸、K2Gear、5ZIGENなどから出ているエキマニも、同様にステンレス素材で
純正形状を採用しているが、配管の太さでそれぞれ特徴を出している。
管の太さはトルク曲線を変化させるため、チューニングメーカーの意図と狙いがある。

比較的細めの60パイを採用したFLATT製は、中低速を重視したいATに向いている。
パワーバンドを維持しやすいMTは、湾岸、K2Gearなどの太めの配管が気持ちよい。



次に、純正形状以外のエキマニを見ておきたい。

リアピースマフラーではおなじみのFUJITSUBO製(バンテージ有)と、
現在、私のS401に装着している麦エンジニアリング製(バンテージ無)を比較。

Dsc00018Huji3

FUJITSUBO製では、プライマリ側への配管を4-2-1の集合とし、
中低速の向上を目指しているのが伺われる。
ちなみに、4の部分が38.1mm、2以降は42.7mmと変化をつけている。

麦エンジニアリング製のエキマニでは、4-1全ての長さを等しくしながら
中央に集めているのが大きな特徴だ。
もちろん、その分重量は増してくるため、FUJITSUBO製よりも重くなっている。

Dsc00017Dsc00020

配管の取り回しを比べると、麦エンジニアリング製のものは、
シンプルではあるが、巧妙なつくりになっているのが見て取れる。

これはシンメトリカルなエンジンにふさわしい配管形状とも言えなくない。

各シリンダーからの配管を同じ長さ、すなわち等長としたことで、
排気が理想的に効率化され、特に低速域のトルク向上をもたらせている。
それにより、
排気干渉が生み出すドロドロ音は消失し、きめ細やかなサウンドへと変化する。


また、
麦エンジニアリング製のエキマニは、SUS409というステンレス素材を採用している。
この素材は熱膨張が少ないため、フレキシブルジョイント機構を不要としている。


ところで、
街角で、迫力ある音を出してはいるが、なぜか走り出しがやけに遅い車を
見かけたことはないだろうか?

リアピースマフラーをはじめとする排気系の変更は、
変化がわかりやすいだけに安易に交換してしまいがちだが、
気がつけばディチューンに陥っていることがしばしばある。

メーカーがその車に最適なトルク曲線を与えているにもかかわらず、
敢てそこに手を加えようというだから、
エキマニを含め、排気系パーツの選択は目的意識をもって行いたい。

最後に、
レガシィのエキマニの換装は、以下の点に気をつければさほど難しい作業ではない。

(ポイント1)
リジットラックはしっかりかけて固定。
純正エキマニのサビが落ちるので、眼鏡やゴーグル等があると大変便利。

(ポイント2)
O2センサーのハーネスをよじって、根元を切ってしまわないために
バッテリーの斜め下についているフックを事前に外しておく。

(ポイント3)
純正のエキマニはかなり重い。タービン側を外してからエンジン側を外す。
各ボルトを均等に緩めながら、ひとりの場合は手と足を使って受け止める。

(ポイント4)
ガスケットは排気漏れの原因となる。どんな場合でも必ず新品と交換する。
試しに使い回してみたところ、みごと排気漏れして再脱着した(笑)

Dsc00001Rimg0008
(新品のエキマニ用ガスケット)           (交換したエキマニ用ガスケット)

(ポイント5)
各ボルトは必ず焼き入れされている純正の硬質ボルトを使用する。
他のボルトでは、熱膨張を起こす恐れがある。
その危険性は、もはや書く必要はないだろう。
       
(ポイント6)
同様の理由で、各ボルトを締めるときのトルク管理をしっかり行う。
締めすぎると、熱膨張した際に溶接部に歪みを生じ、
エキマニが割れる原因となる。実は、これもかつて経験した(苦笑)


時間とヤル気のある人は、是非、挑戦して欲しい。

|

« 「京都の夏祭りに想う」 | トップページ | 「屋久島が教えてくれたもの〜前編」 »

MODIFY LEGACY S401」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/413360/38477201

この記事へのトラックバック一覧です: 「続々 ・ ボクサーサウンドは捨てられるか?」:

« 「京都の夏祭りに想う」 | トップページ | 「屋久島が教えてくれたもの〜前編」 »