« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »

2011.11.28

「車検代車BMと速度感」

実はレガシィS401を車検に出したときに、
インプレッサ以外の代車をと、リクエストしてみた。

はたして、やってきたのは現行レガシィ(BM9)だった。

Rimg0012

BM!?
と聞くと、BMWのほうをすぐに連想してしまうのは私だけだろうか。

BP/BL(前モデル)までのベンチマークはまさにBMWといわれていたが、
現行モデルではベンツのCクラスと聞く。

早速、その現行のレガシィを味わうべく中央道を都内から双葉まで走らせた。



まず乗り出して印象的だったのは、
アクセルを踏み込んだときの滑らかな加速感だ。

2.5ℓのBOXERのSOHCエンジンに、
新開発のCVTリニアトロニックを組み合わせている。

Cvt_2

大排気量NAとAWDの組み合わせが、スムーズな加速感を生むのは想像に難くない。
加えて、この大きな安定感を生み出しているのは、
2,750mmの長いホールベースに加え、
タイヤの接地角の変化を抑制するというSiシャシーが効いているからだろう。

さらに、粘りけのあるビルシュタインサスが路面追従性を底上げしている。


たとえば、中央道の高速コーナーが連続するセクションでも、
しっかりと路面をとらえるため、アクセルを抜かずに駆動をかけていける。

気がつくとスピードメーターが予想以上に持ち上がっていることも・・・。
S401の速度感と比べて、実速度が高い領域で安定しているようにも感じた。

あと、マニュアルでの変速はハンドルのパドルシフトのみだが、
個人的にはシフトレバーでのマニュアルシフトも可能にしてほしい。
マニュアル車からの乗り換えの人などは、(あまりいないのだろうか)
きっとレバーのほうが馴染みやすいだろう。


さて、
少し走らせてみれば、現行レガシィの走行性能の良さは伝わってくる。
好きか嫌いかは別として、大柄ボディも伊達ではないと理解できる。

ただ、
スピード感が実際の速度とかならずしもイコールでないのと同様に、
「心地よい速度感」=「高い速度域」ではない。
安定して速いことは車のひとつの理想形ではあるが、
すべからく運転して楽しいこととイコールにならない。


人間の運転感覚に車の性能がどれだけ近づくことができるかは、
メーカーが理想とするドライバビリティだが、
個人的には、
ドライバーの心を刺激し、どれだけ感性に訴えることができるかを忘れたくない。
実のところ、私の運転の楽しみはこの延長線上にある。


今回乗った現行レガシィ(BM9)は、
少なからず私が期待しているものとは違う方向へ向いているように感じた。
ターボモデルに乗れば、また違うものを感じるのだろうか。

20111127552

これからのレガシィはどこへ向かって行くのだろう・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.21

「レガシィS401の4回目の車検見積」

レガシィS401の車検が来月に迫ってきた。
2002年登録なので、まもなく10年を迎えることとなる。
旧車、いやビンテージカーになる日も近いのか!

さて、4回目の車検。
今回も東京スバルにて見積りをいただいた。
まずは、お決まりの法定費用から。

<法定費用>

・自動車重量税   40000円
・自賠責保険料   24950円
・印紙代        1100円
       ・・・・・・・・66050円

 さすが車の維持費が世界最高峰の国だけある。


・車検代行手数料      8000円
 代行車検が安いので、ここを安く見せておかないと!?

<整備費用>

・車検整備      24100円
 整備は車の状況によって異なるはず・・・。
 一律なのは疑問符が5つくらいつく。はたして残りはお布施だろうか。
 

・検査・機器使用料  8000円  
 何の機器を使用するのか不明。明記すべきだろう。
 ちなみに、予備検査でも3000円くらいからやってくれる。


・アライメント(点検・調整) 2800円
 この値段で4輪を調整してくれるなら安いというべきか。
 どこまで調整してくれるのか。

・ヘッドライト(焦点点検・調整)  2800円 
 車高を大きく変えていない限り不要だろう。
 空気圧の微妙な変化で変わっても困る。


・Vベルト(2本)交換  技術料:3200円  
                ベルト代:1680円 +2560円(コンプレッサ側)
 少々痩せてきているとは思うが、時期的なおすすめメニューだろう。


・クラッチフルード交換 技術料:3400円 
               クラッチフルード:600円
 特に違和感はない。ブーレキのように高熱となるわけではないので見送るか。


・ブレーキフルード交換 技術料:2600円
                ブレーキフルード:1100円(DOT3?) 
4輪交換する手間を考えると、この値段なら納得か。


・全ブレーキ 分解・清掃・給油 技術料:3000円 
                     ブレーキクリーナー&グリス:2000円
 高級なクリーナーとグリスを使ってくれるものと想像される。


<おすすめ>
・ワイパーラバー交換 技術料:1200円 
               フロント(2本)2140円 +リア(一本)970円
フロントは替えて半年未満なの!? まさにおすすめメニューか。


・エアコンフィルター交換 技術料:1600円 
                  フィルター代:3000円 
 2年交換していないが、匂いが気になるまで不要(笑) 値段的にも高いか。 

以上の合計。

 技術料計   52200円
 部品代計   15250円
    ・・・・・・・・67450円
消費税・・・・・・・・3772円

ということで、法定費用、車検代行費、整備費用などを合計。
見積金額合計・・・・・・・137272円


3回目もディラーにて見積り
をして車検に出したが、
ユーザー車検で陸運局へ出向く気力が低下しているのは否めない(笑)

では、ディーラーへ車検に出すメリットとは何だろうか?
整備と保証のレベルが高い・・・はずである。
担当営業への貢献となる・・・かもしれない。
代車に乗る楽しみもある・・・だろう、きっと。

他には・・・ ・・・考えておきます。ハイ。

 
                   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.20

「屋久島が教えてくれたもの〜後編」

前編を書いてから、気がつけば一ヶ月以上が経過してしまった。


夜遅く帰宅すると、
なかなかパソコンで文字打ちをする気になれないのは私だけだろうか。
iPhoneにすれば空き時間に書くこともできるだろうが、
ますます物質社会に取り込まれてしまうようで少し悩ましい。

都会で暮らし続けていると、本来人間がもっている大事な感覚が、
物質の渦に取り込まれてしまうようで、時どき息苦しくなる。
きっとこれが積もり積もると、精神や体にもよくないのだろう。


そんな時は、自然のなかへ。
野山に身を投じるのが良い。


前編では、「縄文杉」に会いに行くため屋久島を訪れたところまで書いた。

実際に「縄文杉」に触れて、その神のような生命力を感じてみたかった。
そうすれば、自分の中で何かが変わるような気がしていた。



さて、
樹齢7200年といわれる「縄文杉」に会いに行くためには、
屋久島の宿を早朝5時に出発しなくてはならない。

屋久杉まで、およそ8時間のトレッキングが必要となるからだ。

ザックを背負い、まだ暗いなかを「屋久杉自然館」へと向かう。
ここの前から荒川登山口へ向かうバスが出ている。

荒川登山バスは片道850円也。
少々高いが、ここには環境保全金が含まれている。

Rimg0002_2Rimg0091

屋久島を旅するに際しては、トレッキングブーツを新調した。
足が合って気に入っているMERRELLのハイカットモデル、
OUTBOUNDMIDGORETEX

Rimg0132Rimg0133

ザックは、昔から愛用しているMILLET(ミレー)の30ℓサイズ。
宿に他の荷物を置いていける場合は、このサイズでお釣りがくる。

ただ、屋久島はレインコートとザックカバーは省略できないだろう。
少し後に屋久島を訪れた知人は、全行程が雨だったと嘆いていた。

Rimg0200Rimg0098

荒川登山口のトンネルを抜けると、大株歩道の入り口までしばらくトロッコ道が続く。
道は比較的平坦だが距離は長い。

道々、いたるところで水が湧き出ており、そこに生息している苔たちも美しい。


Rimg0192Rimg0184_2


「こすぎだにはし」まで、しばし40分ほど歩く。
この先に、大正12年から昭和45年まで小杉谷集落があった。


Rimg0107  Rimg0114

営林署による屋久杉の伐採基地として集落がおかれ、
最盛期には500人を超える人々が暮らしていたという。

Rimg0112Rimg0111

週末になると、村の人々はトロッコに乗って港町安房まで買い物でかけていた。
トロッコは杉を運び出すだけでなく、日常生活の足としても活躍していたのだ。

さらにトロッコ道を歩いていると、下の方からなにやら轟音がきこえてきた。
筋骨隆々の男たちを乗せた、ディゼール車両が上ってきた。

Rimg0127Rimg0129

実は、この人たち高塚小屋から処理しきれない人糞を担ぎ下ろすための強者だち。
かつて屋久杉を運搬した線路は、現在、人糞を運び出すために活躍している。

終着点から、空のポリ容器を山小屋まで持ち上げ、それに満載して背負って下る。
容量はおそらく20kg以上あるだろう。

ちなみに、この縄文杉ルートには、トイレは3カ所しかない。
先ほどの小杉谷集落跡前、そしてこの大株歩道入口。そして高塚小屋だ。

Rimg0134Rimg0136

小杉谷集落跡から、1時間半ほど歩くと大株歩道入口に到着。


トロッコ道が終わると少しづつ急峻な場面があらわれ、
いよいよ登山の趣となる。

足下には、花崗岩のうえに杉の根がうねっている。
このような場所は、濡れているとかなり滑りやすいだろう。

Rimg0139 Rimg0140


ここからは、大きな屋久杉たちに出会うことができる。
ちなみに屋久杉とは、主に標高500mを超えるところに自生する杉をいう。


Rimg0182_2

樹齢2000年といわれた「翁杉」は、昨年(2010年)9月に倒れてしまった。
倒れてしばらくは、独特の芳香が漂っていたという。


ウィルソン株」。
植物学者アーネスト・ヘンリー・ウィルソン博士により発見されたのが名前の由来。

Rimg0152Rimg0147


巨大な切り株は、豊臣秀吉が京都の方広寺建立ために切ったといわれる。
中は畳八畳分の広さがあり、神様が祭られている。

上側をみると、まるでハート型にくりぬかれたよう。

Rimg0145



「大王杉」。
力強く大地に根をはる勇姿は、まさに大王を思わせる様相。
周囲は11.1mもある。

Rimg0162


「夫婦杉」。
誰が名付けたのか、二本の巨大な杉が枝を渡して繫がってしまっている。

Rimg0163_4

向かって、左が妻(周囲5.8m)で、右が夫(周囲10.9m)

中には、ドレッドヘアーのようであったり、マンモスを想像させる樹もある。

Rimg0156Rimg0174

他にも、
ヤマグルマ、ヒメシャラ、モミ、ツガなどの樹々が屋久杉とともに共生していた。
 
Rimg0181 Rimg0158

「ウィルソン株」から2時間弱歩くと、
いよいよ念願の「縄文杉」との対面となる。

「縄文杉」という名は、縄文時代から生きているからという説と、
造形が縄文土器のようだからという説があるらしい。

Rimg0169

高さ役30m、周囲16.1m。
現在は、保護のための展望デッキに囲まれて近づく事ができない。

残念ながら、旅の目的であった「縄文杉」に触れて感じることはできなった。

しかし、「縄文杉」へと向かいながら感じたものもある。
それは屋久島には自然の「気」(のようなもの)が満ちみちているという感覚。

Rimg0180Rimg0196

雨が花崗岩を伝い、尾根から川へと落ち、海へと流れ落ちるように、
都会では決して感じることがない「気」の流れが感じられる。

Rimg0203


屋久島の動植物は、これまで大自然のなかで調和を維持し、
屋久杉は他の植物と共生しながら、長い時を経てもその生命を保ち続けている。

かつて日本人は、自然のなかにあって自然と調和しながら生きていた。
自然信仰、山岳信仰をもちアニミズム的な感覚が底流していた。
しかし時を経て、
物質に満たされた社会のなかで、いつしかその感覚を見失ってしまった。


屋久島は、いま私たちに教えてくれる。

人間も自然の一部であるからこそ、
自然のなかで調和し、共生していくことがとても大事であるということを。
そして、その感覚をこれからも失ってはいけないということを。

国木田独歩が『山林に自由存す』で語っているように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »