« 「レガシィS401のコーティング」 | トップページ | 「スバル軽生産終了と出会いと別れ」 »

2012.02.18

「BRZを見に行って、買ってしまったもの」

人の生は長くもあり、そして短かくもある。

その長さと幸福感は必ずしも比例せず、また反比例するとも言い切れない。
車の楽しみも同様のように思われる。

生という時間のなかで、はたしてどのように車と関わって行くのか。
乗ることもモデファイすることも含め、人と車のフィロソフィーがそこにあるのだと思う。

さて、スバルとトヨタによって共同開発されたピュアスポーツBRZの
展示車両をはじめて見てきた。
モーターショーにもオートサロンにも足を向けることができなかった私は
ディーラーにてようやく初対面を果たすことができた。

多くの情報は、すでにネット情報や雑誌等に十分あふれているが、
百聞は一見に如かず。人の価値観は千差万別。

ということで、
本物を目の当たりにしないと、その良さも悪さも実感できないはずだ。

Rimg0002

最初に目を奪われたのは、フロントフェンダー上の繊細なラインであった。
フェラーリディーノ246GTを彷彿させるような美しい流線に、
なんともソソられてしまうのは私だけだろうか。


同様にしてリアフェンダーの張り出しも良いが、マフラーのうねり具合も美しい!?

Rimg0009Rimg0017

車も女性も曲線美は、男性を惹き付ける重要なファクターなのだろうか(笑)


また、よく見るとコンビネーションライトも負けず劣らず凝った造りとなっている。
遠くから見ていても、その個性を十分主張してくれるように思えた。

Rimg0016Rimg0020

このデザインの基本部分はトヨタが構想し、量産化に向けてのリファインを
製造を担うスバルが行って仕上げたという。

内装には、STi系でおなじみの赤ステッチを随所に施したBRZに対し、
トヨタ86はレッドとブラックのツートンでそれぞれの個性を主張する。
外観以上にメーカーのアイデンティティとターゲットが表れた感じがする。


  <スバル BRZ内装>                  <参考:トヨタ 86内装>

Rimg000686n

BRZの内装はレガシィS401にも似て安心感があるが、ピュアスポーツを謳うなら
もうひと工夫あってもよかった気もする。
が、それはSTiバージョンに期待することにしよう。

BRZには、これまでのスバルイメージとは明らかに違うデザイン要素を感じる。
トヨタ的なオシャレな要素と、スバルの合理的な要素がほどよくバランスされて、
新たな個性を創出しているようにも見えた。


最後にエンジンルームを拝見。
低重心の水平対向エンジンをさらにフロントミッドシップにレイアウトするために、
これまでと吸気レイアウトを変えているに気がつくだろうか。

Rimg0014_2

スロットルバルブの位置がこれまでと180度変わっている。
眺めているとWRインプレッサの逆転インマニを彷彿させられる。
重量のあるバッテリーの搭載位置もこの通り配置にこだわっている。

また、バルクヘッドとアッパーマウント部を補強バーで連結することで、
剛性を高める手法はスバル車では新鮮だ。

眺めているだけで自ずと期待感が高まってくる。
試乗してスバルとトヨタのコラボレーションの本質を感じたいものだ。


円高が続き、輸出が厳しい昨今の日本において、
需要の少ないと思われるスポーツカーを開発し、時間をかけて作り込み、
販売していこうとするメーカーとしての意気込みはすばらしい。

夢見る力を失いつつある、昨今の日本において
車を運転する楽しさや、所有する喜びをもう一度喚起しようとする
メーカーの熱い思いが伝わってきた。

この日買ってしまったのは、メーカーのチャレンジ精神とその心意気である。

Dsc02517Dsc02523

 

|

« 「レガシィS401のコーティング」 | トップページ | 「スバル軽生産終了と出会いと別れ」 »

CAR LIFE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/413360/44069940

この記事へのトラックバック一覧です: 「BRZを見に行って、買ってしまったもの」:

« 「レガシィS401のコーティング」 | トップページ | 「スバル軽生産終了と出会いと別れ」 »