Macintosh

2010.10.30

「小さきもの」

「小さき者へ」
という有島武郎の作品がある。

妻を失ってしまった作家が、隣で寝ている三人の子供に向けて
手紙を綴っているような文章だ。

学生のころ読んだことのあるこの文章も、
子供をもって、今あらためて読み直していみるとやけに沁みる。

私が好きな、最後の部分を引用してみよう。

****最後を引用****
小さき者よ。
不幸なそして同時に幸福なお前たちの父と母との祝福を胸にしめて人の世の旅に登れ。前途は遠い。そして暗い。
然し恐れてはならぬ。恐れない者の前に道は開ける。
行け。勇んで。小さき者よ。
*************

有島武郎の現代人には鼻につきそうな表現も、私は嫌いではない。
「平凡人の手紙」や「生まれ出づる悩み」にみられる、
まわりくどいとさえ思われる擬人法や描写も深夜のコーヒーに合う。

ちなみに、「小さき者へ」は大正七年に発表されている。
これらは青空文庫にも入っているので、ぜひ読んでみるといい。

ところで、
もうひとつ気になる「小さきもの」がある。
先日発表された11.6インチのMacbookAirだ。

AppleStoreで、実際に触ってみたが確かに13.3インチより一回り小さい。

Macbookair1113

<11.6インチMacbookAir スペック>

プロセッサ:1.4GHz Core 2 Duo (オプションで1.6GHz)。
メモリ:オンボード2GB、最大4GB。
ストレージ:64GBまたは128GB SSD。
厚さ:3mm ~ 17mm。
重さ:1.06kg。 ディスプレイ:1366 x 768。


Macbookair116

実際に持ち比べてみると、個人的には見た目ほど大きな差異は感じられない。
ただ、カバン等にいれたときの納まりが違うと思われる。

現在所有している13.3MacbookProは、ドライブを使用する機会があまりないので、
少々気になっている(笑)
しかし、ドライブは外出したときに映画もみられるので捨てがたい。
(あ、外付け分離方式もあるか!)

そして、さらにもうひとつ。
昨日、「小さきもの」を購入した。

最新型のiPod nanoだ。カラーはグラフィアト。
8Gモデルだが、アーカイビングしながらもち歩くわけではないので十分。

Rimg0003 Rimg0004

そのものも小さいが、パッケージの小ささに驚かされる。
さながら、指輪ケースのような大きさ。

Rimg0012 Rimg0007


これで、我が家のiPodは、全部で4機となった。

「なにもなにも ちいさきものわ みなうつくし」

(枕草子 146段)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.19

「iPad(パッド)購入とメディア考」

iPadとiPod。
アルファベット1文字違いというのは、誤読されやすい気もするが、
他にいい名前がなかったのだろうか・・・。

さて、iPod touch発売時は予約購入した私も、今回は現物を触ってみてから購入した。
それほど微妙なシロモノだと思っていたのだが・・・

Rimg0001

ちなみに、今回の購入における懸念材料は以下の点。

①大きなiPodTouchとして使うのなら、個人的には不要。
 ・移動時に動画等をみるには、逆に恥ずかしい大きいさ。
 ・混雑する電車通勤で片手で持ち続けるには重い&大きい。

②注目されるデジタルブックリーダーとしては使用しない。
 ・複数の本を入れて持ち歩けるメリットはあるが、実際は平行読みしない。
 ・ずっと文字を見ているとやはり目が疲れる。

③実のところ多機能ビューワーが主であり、この大きさのPCとは別もの。
 ・むしろ、iPhone4のほうが持ち歩きには適している。
 ・画面の大きさがメリットとなるゲームはほとんどしない。

時にイノベーションの進化は、私たちのライフスタイルを変える。
それは、PCやモバイルデバイスの進化が新たなプラットホームを生み、
そして新ソフトの開発が大きな推進力となっている。

メディアで働くものは、この動向に常にアンテナを張っておく必要がある。

アップル社CEOのスティーブ・ジョブス氏がこんなことをいっていた。

「あなたがテレビのスイッチをオンにするのは
 あなたが自分の脳のスイッチをオフにしたいからだと思います。

 それに対してコンピュータで仕事をするのは、
 脳のスイッチをオンにしたいときではないでしょうか。」


ITの進化は、メディアに対しては常に受動的であった私たちを、
自らがメディアとなって文化を生み出すことを可能とした。

インターネットはグローバルスタンダードとなりえるが、
ドメスティックな放送波はその壁を越えることはできない。

今後、既存のメディアに求められる役割は、優良なコンテンツプロバイダ
であることではあるまいか。
ラジオはもとより、テレビも新たな立ち位置を見いだしていかなくては、
これからは生き残れないように感じる。

・・・とまあ、そんな勝手な購入理由を見つけ出し購入に至った(笑)

さて、選んだのはiPad 32G Wi-Fiモデル
SoftBank Wi-Fi スポット(2years無料)がついてくるのもポイント。

一緒にシリコンのバックカバーとノングレアの保護シートを購入。

Rimg0006

アップルマークをみせるようになっているのが、なかなかGood。
が、この部分だけ傷ついたりして(笑)


Rimg0005

この画面にノングレア保護シートを貼るのは少々苦労した。
ノングレア保護シートを貼付けるうえでのポイントは・・・

①お風呂場のような、ホコリの少ないところで作業。
②気泡はへらで平面的に押し出す。
③ホコリはメンディングテープに貼付けてこまめにとる。
④気持ちを落ち着けて、焦らないでやる。

気泡やホコリが入ってしまうと、保護されていても逆に気になりそうだ(笑)

さて、短い使用期間だが、良かった点もあげてみよう。

①直感的な操作感が秀逸
 ・PCが苦手な高齢者や子供でも、その技術革新を享受しやすい。

②立ち上がり瞬時である
 ・ニュース、天気予報等の情報へのアクセスにストレスがない。

③GoogleMapやYouTubeがとても使いやすい。
 ・専用アプリとしていることもあるが、多人数で見ながら話すのに最適。

④フォトフレームという利用価値
 ・家のインテリアにとけ込みやすい。実家へ出向いて気軽に写真がみせられる。

Rimg0068

(iPadと時計の下はAirMac Extreme)

画面が大きくなることは、PC上においても視野を広げる。
さらに、操作がタッチのみで十分扱えるメリットは、
お年寄りや子供への親和性を高めるように思われた。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.05

「ニューマシンの導入」

ニューマシンは、アルミ板から削り出されたユニボディ構造だ。

MacBook Pro 2260/13.3 MB990J/A

車と誤解しそうなタイミングであるが(苦笑)、それにはまだ気が早すぎる。
Macのノート型、MacBook Proを購入した。

Dsc00480

これまでのMacのノートを振りかえると、
PowerPC G3を2台とG4を1台という全てPowerPC環境であった。

Yi42718_2

iBook G3 300MHz 160MB HDD3G
主に子供のお絵描き&ネット用として使用。
OS X(10.2)&軽量ブラウザOperaでネットも十分可能であった。
このシェル形デザインが好きで、まだ現役で使っている人も多い。

J443336_2

PowerBook G3 333MHz 160MB HDD4G Lombard
搭載されていたOSは、 OS 8.6。
モニタには、14.1インチアクティブマトリックスTFTが採用された。
発売当時(1999〜2000年)は、30万ほどした高級機種である。

Imgp5480

PowerBook G4 1.5GHz HDD80G最終型
12.1インチと小型で重量も約2kgと、本当にモバイルできるノートMacであった。
SSDに換装してフルメモリを積み、下級 intel MacBookモデルと遜色ない使い勝手
であったが、その進化には当然追いつけない。

今回、これらのノートを処分して、
1年前に購入した iMac とともに完全に intel 環境へと移行した。

Dsc00411

液晶サイズ:13.3インチ CPU:Core 2 Duo/2.26GHz HDD容量:160GB
メモリ容量:2GB ドライブ規格:DVD±R/±RW/±RDL

MacBook Proにしたのは、Firewire800が使える事も大きな理由の一つ。
動画編集においては、800のパフォーマンスがないと外部HDDを連結する気になれない。
今回は、Firewire800対応の320GBのポータブルHDDも合わせて購入した。

SDカードスロットもついて、コンデジの画像を取り込むときは便利そうだが、
Appleの思想としてアリかどうかは疑問も残る。

早速、PhotoshopIllustrator入れてみた。
この後は、Pro Toolsを入れる。

仕事の延長線上に遊びがあるのか、遊びの延長線上に仕事があるのか。
Macを使っていると、日常なかでconfuseしていることが多々起きる。
Dsc0040_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.25

「旧型iPodをエコに電池交換」

第3世代の旧型iPodを約3年使用してきたが、
さすがにバッテリーが消耗してきた。
そこで、新たにiPod classicの購入を考えていたのだが、
環境にもお財布にもエコなバッテリー交換で対応することにした。

この旧型iPod実際に使用していると、フル充電しても1時間半と
持たない状態だ。
寿命なのだろうか・・・。

さて、交換するにあたっては、Apple Storeに依頼することにした。
バッテリー交換プログラムを使うためだ。

理由は以下の通り。
1)電池交換といっても新品もしくは、同等の新古品に交換となる。
2)交換代金が、6800円と以前の半額以下に安くなっている。
3)純正バッテリーに交換のため保証が3ヶ月付く。

ちなみに、Apple Storeでのバッテリー交換代金は機種によって多少異なる。
こちらを参考にするとよい。
20090725766

交換用の同型iPodがあれば、即座に交換してバッテリー交換終了と
いうことになるのだが、私の場合それなりに旧型であったため、
交換依頼してから完了(到着)まで、約1週間を要した。
20090725767
実際にバッテリー交換済みのiPodを受け取ると、
今回は、完全なる新品ではなく、新古品への交換であったようだ。
表面は指摘しないとわかりにくいレベルの微細なヘアラインキズが少々と、
ヘッドフォンジャックに差し込み傷がこれも少々残っていた。

交換品には新品同様のフィルムが貼られ、保護されて到着した。
これは、気分がいい。
早速、MacからiTunesを通して、曲を入れなおした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.07

「ホタテiBookの解体」

週末、Macintosh、旧型iBookのクラムシェルG3(通称ホタテ)の
OSを入れ替えた。

1999年に発売されたこのノート型Macは、
PowerPC G3 の300GHzを搭載、HDDはなんと当初3GB。
スペックはともかく、外観が貝殻をイメージしたデザインに
なっており、なんとも愛らしい。
Ibook

これを、HDDを60GB入れ替えて、子供のネットブックとして
使用していたが、OSをTiger(OS X v10.4)にしたあたりから
イマイチ安定しなくなった。

そこで、今回はさらにHDDを100GBにして
Panther(OS X v10.3)に戻してみることにした。
ちなみに、もともと付属OSはClassicの8.6である。
Imgp6213

FireWireが装備されていないこのマシンのHDDをターゲットモードで
起動させるためにはに、バラシてHDDを取り出さなくてはならない。
そして、現在生産が停止されつつあるPATAをFireWireのケースに入れる。
すでに、何度もバラシているため手順は心得ているのだが、
当初はここのサイトを参照させていただいた。

今回は、クロックアップも試みた。
クロックをいじるためには、抵抗(ブリッジ)を入れ替える。
抵抗をはがして、付け直すという繊細な作業が必要だ。

Imgp6220
Imgp6221

さてさて、

試みたが、、しかし、なぜか、クロックアップしていないようだ・・・。
なぜだろう?

組み立て後も、問題なく起動するのだが。
向学のためにもう少し、研究してみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.04

「iPhone3GSを体感」

Macユーザーでなくとも、新型iPhone3GSの発表は
気になっている人が多いと思う。
Iphone3gs

Macユーザーなら、相当気になっているハズだ(笑)
もちろん、それは私のこと。

直属の後輩が、AU携帯から何のこだわりもなく、
この新型iPhoneに乗り換えた。
彼は、Macユーザーではないが、手のひらサイズのPCコンセプトに
あこがれて購入に踏み切ったという。

早速、後輩のiPhoneを奪って、いやお借りして、、、
その機能をみせてもらった。

まず、明らかに操作性がスムーズになっているのがわかる。
アプリケーションの起動も大変速い。
これらは、謳い文句通りだった。

また、インターネットへの接続とブラウジングも、
待たされるストレスは半減されている。いや、もっとか!?

個人的に、気になっていたのはカメラ機能の向上。

取材にデジカメを持ち歩く手間が省けるため、私には今回の
3メガピクセルのオートフォーカスカメラの装備は大きい。
(*これまでは、2メガピクセルのオートフォーカスなし)

早速、撮影してみると、これが思った以上に使いやすい。
ビューア画面が3.5インチもあると、撮影具合もわかりやすい。

フォーカスポイントをビューアー内で任意にタップして決める
ことができるのは、きわめて楽しい。
これは、単なる記録にとどまらず、
ちょっと、凝った撮影も楽しめそうな予感がする。

カット&ペーストができることも含め、諸々売りになってはいるが、
個人的には、動画撮影もこなせる3.5インチビューア付きカメラが
買いだと思う。

「先輩!買い増しですよ・・」
という、後輩のささやきが毎日聞こえている気がする。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.10

「新型マシンの誘惑」

といっても車のハナシではない。

新型のMacBookProが発売されたのである。
Macbookpr13_002

注目すべきは、13インチモデルの追加と引き続きFireWire800が
採用されている点、そしてSDカードスロットの装備だ。

パッと見は、MacBookとほとんど変わらない。
モニターの下に「MacBookPro」の表記がないとそれと認識するのは
まず、無理だろう。

小型のMacノートにFireWireの搭載がないために、購入を踏み
とどまっていたいたひと結構は多いだろう。
私も、実はそのひとりである。

注目すべき点で忘れてはいけないのは、その価格だ。
上位のMB991J/Aが16万8800円、下位のMB990J/Aが13万4800円となる。
昨年の10月に発売されたMacBookと比べてもお得感が満点だ。
これを、ボーナス時期にぶつけてくるとことがまた心憎い。
現在、私の愛用のノートはPowerBook G4の12.1インチ1.5GHzだが、
Leopardも動作するうえ、HDDからSSDに換装してあるため
それなりに高速作動してくれている。まだまだ現役である。

である・・・はずなのだが、
今回のこの発表には、正直ぐらぐらしていることは否定できない。

もうひとつの理由は、Mac OS X Snow Leopardの発表が同時に行われたことだ。
「Finder」「Mail」「iCal」「iChat」「Safari」などの定番アプリケーションが
64bit対応になり、また、マルチコア・プロセッサでのソフトウエア処理効率を
高める機能は装備され、大変快適な処理が実現されるという。

マシンへの正式バンドルは9月らしい。
購入へは若干の執行猶予期間がついた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.04

「MacとMT車の関係!?」

家でも仕事でもMacintosh(Mac)を使っているが、
時々思うことがある。

Macの操作感覚は、マニュアルトランスミッション(MT)車
のそれとよく似ているということだ。
(ATのスポーツシフトによるMT操作も同じく)

 (MT車)          (Mac)
右手→ステアリング操作 = 右手→マウス操作
左手→シフトレバー操作 = 左手→[コマンド]操作

いわゆるMacのショートカットキーを使う操作感覚だ。

この左右の手をほぼ同時に使う操作により、マシンコントロール
するところが似ていると思う所以だ。

ちなみに、仕事で音声や画像の編集を行うときのMac操作は、
このショートカットキーを多様することで作業効率を上げている。
Pb_key_2
(PowerBookG4 US KeyBoard)

Macでのカット&ペーストの操作は次のようになる。

カットしたい内容を右手(マウス等)で選択するとほぼ同時に、
左手で[コマンド]+[X]を押して、カット。
そして、瞬時に右手はカーソルを目的の位置に移動し、
左手で[コマンド]+[V]を押して、ペースト。終了。

左手と右手の仕事をほぼ同時行うことによって、
効率的な操作を可能としている。

これに対してPCでの操作。(主に私の周囲の人々)
右手(マウス)の左ボタンドラッグにより選択。
右手、右クリックによるメニューからカット操作を選択。
右手でカーソルを目的の位置に移動。
右手、右クリックによるメニューからペーストを選択。

トータルで1秒その差がでるかどうかの違いだが、チリ山である。
もちろん、PCも[control]キーによって、Macと同様の操作が可能
となる場合があるが、私を含め周囲でそれ行う人は少ないようだ。

最近、脳科学に凝っているのだが(笑)、
左手による操作は、右脳の守備範囲。
そして、Macのキャッチコピーは、以下である。

Think Different.

Macも車も左手を巧く使いたいものだ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)