CLIMBING LIFE

2011.11.20

「屋久島が教えてくれたもの〜後編」

前編を書いてから、気がつけば一ヶ月以上が経過してしまった。


夜遅く帰宅すると、
なかなかパソコンで文字打ちをする気になれないのは私だけだろうか。
iPhoneにすれば空き時間に書くこともできるだろうが、
ますます物質社会に取り込まれてしまうようで少し悩ましい。

都会で暮らし続けていると、本来人間がもっている大事な感覚が、
物質の渦に取り込まれてしまうようで、時どき息苦しくなる。
きっとこれが積もり積もると、精神や体にもよくないのだろう。


そんな時は、自然のなかへ。
野山に身を投じるのが良い。


前編では、「縄文杉」に会いに行くため屋久島を訪れたところまで書いた。

実際に「縄文杉」に触れて、その神のような生命力を感じてみたかった。
そうすれば、自分の中で何かが変わるような気がしていた。



さて、
樹齢7200年といわれる「縄文杉」に会いに行くためには、
屋久島の宿を早朝5時に出発しなくてはならない。

屋久杉まで、およそ8時間のトレッキングが必要となるからだ。

ザックを背負い、まだ暗いなかを「屋久杉自然館」へと向かう。
ここの前から荒川登山口へ向かうバスが出ている。

荒川登山バスは片道850円也。
少々高いが、ここには環境保全金が含まれている。

Rimg0002_2Rimg0091

屋久島を旅するに際しては、トレッキングブーツを新調した。
足が合って気に入っているMERRELLのハイカットモデル、
OUTBOUNDMIDGORETEX

Rimg0132Rimg0133

ザックは、昔から愛用しているMILLET(ミレー)の30ℓサイズ。
宿に他の荷物を置いていける場合は、このサイズでお釣りがくる。

ただ、屋久島はレインコートとザックカバーは省略できないだろう。
少し後に屋久島を訪れた知人は、全行程が雨だったと嘆いていた。

Rimg0200Rimg0098

荒川登山口のトンネルを抜けると、大株歩道の入り口までしばらくトロッコ道が続く。
道は比較的平坦だが距離は長い。

道々、いたるところで水が湧き出ており、そこに生息している苔たちも美しい。


Rimg0192Rimg0184_2


「こすぎだにはし」まで、しばし40分ほど歩く。
この先に、大正12年から昭和45年まで小杉谷集落があった。


Rimg0107  Rimg0114

営林署による屋久杉の伐採基地として集落がおかれ、
最盛期には500人を超える人々が暮らしていたという。

Rimg0112Rimg0111

週末になると、村の人々はトロッコに乗って港町安房まで買い物でかけていた。
トロッコは杉を運び出すだけでなく、日常生活の足としても活躍していたのだ。

さらにトロッコ道を歩いていると、下の方からなにやら轟音がきこえてきた。
筋骨隆々の男たちを乗せた、ディゼール車両が上ってきた。

Rimg0127Rimg0129

実は、この人たち高塚小屋から処理しきれない人糞を担ぎ下ろすための強者だち。
かつて屋久杉を運搬した線路は、現在、人糞を運び出すために活躍している。

終着点から、空のポリ容器を山小屋まで持ち上げ、それに満載して背負って下る。
容量はおそらく20kg以上あるだろう。

ちなみに、この縄文杉ルートには、トイレは3カ所しかない。
先ほどの小杉谷集落跡前、そしてこの大株歩道入口。そして高塚小屋だ。

Rimg0134Rimg0136

小杉谷集落跡から、1時間半ほど歩くと大株歩道入口に到着。


トロッコ道が終わると少しづつ急峻な場面があらわれ、
いよいよ登山の趣となる。

足下には、花崗岩のうえに杉の根がうねっている。
このような場所は、濡れているとかなり滑りやすいだろう。

Rimg0139 Rimg0140


ここからは、大きな屋久杉たちに出会うことができる。
ちなみに屋久杉とは、主に標高500mを超えるところに自生する杉をいう。


Rimg0182_2

樹齢2000年といわれた「翁杉」は、昨年(2010年)9月に倒れてしまった。
倒れてしばらくは、独特の芳香が漂っていたという。


ウィルソン株」。
植物学者アーネスト・ヘンリー・ウィルソン博士により発見されたのが名前の由来。

Rimg0152Rimg0147


巨大な切り株は、豊臣秀吉が京都の方広寺建立ために切ったといわれる。
中は畳八畳分の広さがあり、神様が祭られている。

上側をみると、まるでハート型にくりぬかれたよう。

Rimg0145



「大王杉」。
力強く大地に根をはる勇姿は、まさに大王を思わせる様相。
周囲は11.1mもある。

Rimg0162


「夫婦杉」。
誰が名付けたのか、二本の巨大な杉が枝を渡して繫がってしまっている。

Rimg0163_4

向かって、左が妻(周囲5.8m)で、右が夫(周囲10.9m)

中には、ドレッドヘアーのようであったり、マンモスを想像させる樹もある。

Rimg0156Rimg0174

他にも、
ヤマグルマ、ヒメシャラ、モミ、ツガなどの樹々が屋久杉とともに共生していた。
 
Rimg0181 Rimg0158

「ウィルソン株」から2時間弱歩くと、
いよいよ念願の「縄文杉」との対面となる。

「縄文杉」という名は、縄文時代から生きているからという説と、
造形が縄文土器のようだからという説があるらしい。

Rimg0169

高さ役30m、周囲16.1m。
現在は、保護のための展望デッキに囲まれて近づく事ができない。

残念ながら、旅の目的であった「縄文杉」に触れて感じることはできなった。

しかし、「縄文杉」へと向かいながら感じたものもある。
それは屋久島には自然の「気」(のようなもの)が満ちみちているという感覚。

Rimg0180Rimg0196

雨が花崗岩を伝い、尾根から川へと落ち、海へと流れ落ちるように、
都会では決して感じることがない「気」の流れが感じられる。

Rimg0203


屋久島の動植物は、これまで大自然のなかで調和を維持し、
屋久杉は他の植物と共生しながら、長い時を経てもその生命を保ち続けている。

かつて日本人は、自然のなかにあって自然と調和しながら生きていた。
自然信仰、山岳信仰をもちアニミズム的な感覚が底流していた。
しかし時を経て、
物質に満たされた社会のなかで、いつしかその感覚を見失ってしまった。


屋久島は、いま私たちに教えてくれる。

人間も自然の一部であるからこそ、
自然のなかで調和し、共生していくことがとても大事であるということを。
そして、その感覚をこれからも失ってはいけないということを。

国木田独歩が『山林に自由存す』で語っているように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.15

「屋久島が教えてくれたもの〜前編」

一年のうち366日雨が降るといわれる島がある。
その島は亜熱帯に位置しながら標高1900m級の山々が存在している。

洋上のアルプス、「屋久島」。

九州の南約60kmに位置するこの島に、九州1〜8位の高峰がある。
そのため、亜熱帯から亜寒帯の植物が垂直分布している不思議な島だ。

Photo

1993年に世界遺産に登録された主な理由は、樹齢数千年の屋久杉ではなく
この植物の多様性であった。

最高地点は1936m(宮之浦岳)。島の周囲はわずか約130km。
黒潮で生まれた水蒸気が、高い峰々にぶつかって雨となり降りそそぐ。
年間降雨量は、平地で4000mm、山岳部では10000mmに達する。
この小さな島に、北海道のおよそ10倍の雨が降る計算だ。


この島へ人々を向かわせるものとはなんだろうか。
島が讃える大自然だけではないように思える。

かつて熊野へ赴いた時
と同様に、
何かに呼ばれているかのような心持ちで私は屋久島へと向かった。


早朝、5時の高速バスに乗り羽田空港へ向う。
鹿児島空港までは約2時間のフライト。
そして、プロペラ機「ボンバルディアQ400」で約35分。

遠いようで、意外と近い!?屋久島。

Rimg0015Rimg0009

ちなみに、鹿児島からのルート選択は他にもある。

高速船のトッピー・ロケットで約2時間半。
フェリーでは約4時間。
時間が惜しい私は、割高ではあるが飛行機を選択した。


プロペラ機は轟音とともに高度を上げ、
SUNNTOの高度計では950m前後で安定飛行していた。
離陸前に標高を合わせたが、実際の高度はどれくらいであったろうか。


眼下には本州最南端の大隅半島につづき、
噴煙をあげ続ける桜島が見えていた。

Rimg0014


この日の天気は快晴。
気温25度と、雨の島での幸運に恵まれた。

Rimg0286_2Rimg0023_2

屋久島空港は、私の期待通り少し大きなバス停といった趣であった。


腹が減っては、なんとやら。
早速、空港からほど近い「屋久どん」で昼食をとった。

Rimg0019Rimg0027

屋久島名物の「飛魚の姿揚げと屋久島風うどんのセット」は1300円也。


初日の午後は、レンタカーで島内ドライブとした。

「盛久権現社」
壇ノ浦の戦いで義経に破れた、平盛久が流れてきており、この地に祀られていた。

Rimg0031Rimg0033


「シドッチ神父上陸記念碑」
キリスト教を流布しようと屋久島へ漂着したシドッチ神父の記念碑。

Rimg0055Rimg0054

海岸近くにあって、そこから海へと階段で下る事が出来た。


「千尋(せんぴろ)の滝」
花崗岩の岩肌を流れ落ちる滝は雄大な眺め。

Rimg0041Rimg0043


島内を巡ると、
このうえなく美しい自然が、あたりまえのように存在している。

その景色に出会うほどに、心が浄化されていく。

Rimg0018Rimg0037


都会の物質社会のなかで、
気づかないまま閉ざされてしまっていた感性のシャッターが
音を立ててひとつづつ開いていくかのよう。

Rimg0061

ここでは、
人間も自然の一部であって、自然のなかにいることが、
すなわち「自然」なのだと教え諭してくれるかのようだ。


かつて中学校の教科書に載っていた(現在も載っている)、
ひとつの詩が思い出された。


  「山林に自由存す」

  われ此句(このく)を吟じて血のわくを覚ゆ
  嗚呼(あヽ)山林に自由存す
  いかなればわれ山林をみすてし

  あくがれて虚栄の途(みち)にのぼりしより
  十年(ととせ)の月日塵のうちに過ぎぬ
  ふりさけ見れば自由の里は
  すでに雲山(うんざん)千里の外にある心地す

Rimg0069

  眥(まなじり)を決して天外をのぞめば
  をちかたの高峰(たかね)の雪の朝日影
  嗚呼山林に自由存す
  われ此句を吟じて血のわくを覚ゆ

  なつかしきわが故郷は何処(いずこ)ぞや
  彼処(かしこ)にわれは山林の児(こ)なりき
  顧みれば千里江山(せんりこうざん)
  自由の郷(さと)は雲底(うんてい)に没せんとす

  (国木田独歩)


ここでは、
考えることを不要とし、感じることを強く求めらる。
そして自分のなかの真理にすこしだけ近づく。

縄文杉と出会うための準備ができた。

                                (つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.11

「助詞のないことば」

視覚言語である「日本手話」は、
外国語同様に独自の文法体系を持っている。

「日本手話」には、助詞がないのをご存じだろうか。

「私は、彼の妹が好きです」

これを手話で表現すると、

「私、好き、彼、妹、(表情)」

(表情)と書いたのは、理由がある。
手話では、顔の表情は副詞やニュアンスを
表す役割を果たしているという。

さて、助詞がないと、日本語を正しく伝えることが
できないのだろうか?

英語で同じ文を考えてみよう。
I love his younger sister.

「彼の妹」という表現に着目してみると、
英語では[his]のように単語の語尾変化が、
日本語の助詞と同じ役割を果たすことが多い。

手話では、手の相対的な位置と、その動きで表現していく。
(彼→対象を指さし)+<頷き>+(妹→指さしの下位置に妹を表す手話)

独特の文法構造と表現をもつ、この「日本手話」を身につけるのことは、
他の外国語の習得と同様の苦労があると思われる。

ところで、「文化は言語をつくり、言語は文化を育む」という。
手話という特殊言語を習得するためには、その歴史と文化から
紐解いていくといいのかもしれない。

まずは、興味を持つこと。
先日も書いたが、それが「遠回りのようで、近道」なのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.03

「思考の法則」を磨く

ある目標やテーマ設定があって、そこにたどり着くためには
どのような計画をたて、どのような段取りで実行すれば良いのか。

そのアプローチの方法は人によって異なる。

論理的に順序だてて計算していく人。
完成図を思い浮かべ、そのアプローチを描いていく人。
前者を左脳思考、後者を右脳思考とみることもできる。

先日、取材させていただいた料理研究家のK先生は、
盛りつけまで含めた料理の完成図を頭の中に思い描いて、
さらにそれを作るための行程も個別に頭の中でデッサンするという。

おいしそうな料理の色味=視覚、一番おいしい状態で食べてもらう=味覚
へのアプローチを絵でシュミレートしているのだ。
このデッサン作業を何回か行うことで、料理現場でも余裕をもって
対応することができるだという。

ひとは、癖ともいうべき「思考の法則」をもっている。

それは、自分の活動フィールドによってそれは左右されることが多い。
たとえば、ビジネスパーソンは、常に論理的思考を要求されているため、
いわゆるデッサン思考というアプローチが比較的困難だ。
しかし、何かを表現したり創造するような必要性は必ず存在する。

両方のアプローチができることが理想なのだ。

このアプローチを訓練するためにも、最近、私が始めたのが「手話」だ。
視覚言語である「手話」は、思考も視覚的に行われることが多い。
基本的な「思考の法則」はデッサンと同じだ。

すでに、このブログが理屈っぽくなってしまっているが(苦笑)、
今後、「手話」の上達に比例して、自分の思考のパターンや法則が
変化していくことを期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)